« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月29日 (木)

小さな月

今日は綺麗な満月ですね。傍らに木星も輝いて華を添えてくれています。

今日の満月は一年で一番小さく見える満月なのだそうです。月が地球から最も遠い位置である遠地点が太陽の正反対の位置に来ていて、一番遠い満月になっているのでしょう。

ちょうど半年前の5月には地球の位置が太陽をはさんで反対側にあって、月の遠地点はちょうど太陽と同じ方向になっていたはずです。このとき一年で一番小さな新月になるわけですが、この新月が太陽の光をさえぎって起こしたのが今年5月の金輪日食だったということになりますね。長時間の金輪日食は太陽の見かけの大きさより、月のみかけの大きさがかなり違うときにおきるのですが、一番小さい新月のときだったのが幸いしていたのですね。

今日の満月は半年前、金輪日食を起こした月と同じ軌道上の位置にいて見えている月です。金色に輝く日輪の輪をしのびならが眺めることにしましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

百草園の紅葉

2972602_1833403515_202large

百草園の紅葉も見事でした。昨日ですが夜はライトアップされて竹灯篭に灯が入っていたようです。昼間もマジックとかクラシックギターの演奏とか、イベントに工夫が凝らされていて楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄色のレース

004

イチョウの木がレースのように透き通ってました。一瞬の美しさですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

治承3年のクーデター

久しぶりに「平清盛」を見ました。相変わらず詰将棋みたいなつくりで、じっとみてないと何をやってるのか分からないフランス映画みたいな作品ですね。面白いのですが、テレビ向きではない気がします。

今日見たのは平重盛の死後、清盛が後白河法皇を幽閉するくだりですが、このとき後白河法皇はどこまで先を読んでたんでしょうね。平家の経済力を削ぎにかかれば、軍事的に反撃を食らう可能性が高いことは想定できるでしょう。殺されることはないにしても、そのあとの反撃の手立てをどの程度用意してあったのでしょうか。ドラマの清盛は油断しすぎですけど、実際は天皇を押さえられて完封負けを喫する可能性も高いので「クーデターを起こさせる計」は危険な賭けであった気もします。まあ、そういう賭けに踏み込むのが後白河法皇らしいとも言えますが。

今回は藤原兼実もちらっと登場してました。まだ、それほどの出番はないようですね。玉葉に源平合戦の記事が載るようになるのももう少し先の話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

アーティストマップ2012年版

2012

アーティストマップの2012年版を作ってみました。データは2012年7月に学生244人(男性132人、女性112人)に質問した音楽調査の結果を使っています。自由回答で名前が多く上がったアーティスト20組について、好きなアーティストに○、特に好きなアーティストに◎を複数回答でつけてもらいました。○を1点、◎を2点として主成分分析を行い、横軸を第1主成分、縦軸を第2主成分にとってプロットしてあります。

大きくみて、左上にMr.ChildrenやB'zといったロック系アーティスト、右下に西野カナや加藤ミリアといった女性ソロアーティスト、中間にSMAPやAKB48、嵐といったアイドル系アーティストが位置しています。主成分分析では好かれ方の似通ったアーティストが近い位置にプロットされますので、この図で近い位置にあるアーティスト同士は似たファン層を持ち、離れた位置にあるアーティスト同士は異なるファン層を持つことを意味しています。

大まかには納得できる配置ですが、SKE48がAKB48よりはロックグループに近い位置にあったり、ももいろクローバーZがサザンオールスターズと近かったりという点がやや意外ですね。今回「特に好き◎」と「好き○」を合計した割合が最も多かったのはMr.Children(計30%)でした。通常、一番人気のアーティストは幅広い層の支持をうけるため、マップの中央付近に位置することが多いのですが、Mr.Childrenはマップの左上端に位置しています。個人的はこれが一番意外でした。ロック支持層を結集して3割の支持を集めているようですね。Mr.Childrenの凄さともいえますし、中央に位置するアイドル系アーティストの弱さを示すともいえるでしょう。

人気の二~四番手はAKB48(計26%)、嵐(計23%)、EXILE(21%)です。いずれも中央のアイドル系ブロックに位置しています(EXILEをアイドルというのはやや抵抗がありますが)。Mr.Childrenとの差はわずかですので、アイドル系で支持が分散した結果、ミスチルが1位になっているともいえるでしょう。ちなみにいきものがかりとSMAPはともに18%で同率7位となっています。SMAPの人気はやや衰えていますが、まだまだ健在ですね。

人気の五番手はB'z(計19%)でミスチルとロック系の双璧をなしています。B'zと同率五番手に安室奈美恵、いきものがかりとSMAPと同率7位に西野カナが入りました。女性ソロアーティストのブロックには加藤ミリア(計14%、12位)、浜崎あゆみ(計11%、16位)も入っています。恋愛のせつなさを歌い上げて「ギャル演歌」とも呼ばれる楽曲を提供するアーティストたちが似たファン層を持っていても不思議ではないのですが、ここにKARA(計15%、11位)や少女時代(計12%、15位)といった韓流アーティストが位置するのは少し意外でした。女性の支持が厚いという点で共通しているのでしょうか。

アーティストマップをつくるのは3年ぶりで、AKB48の勃興過程を追うことができなかったのがやや心残りではありますが、現状ではSMAPと並んでしっかりマップ中央に位置を占めて確固たる地位を確立していることが分りました。始めからここにいたのか、それともどこかから移動してきたのか。きゃりーぱみゅぱみゅ(計10%、18位)が真ん中のブロックにいますので始めから真ん中にいたような気もしますし、マップ左端に位置するももいろクローバーZ(計11%、17位)のように、周辺域から中央に移動してきたような気もします。少なくともミスチルや安室奈美恵のような位置から移動してきたのではないような気はしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

【再放送曲】 『はじめての僕デス』(1976年)

『ユミちゃんの引っ越し』と同時期の『はじめての僕デス』が並んで再放送されています。一緒に映像が発掘されたようですね。よかったです。エレファントカシマシの宮本さんが歌っていたということで一部で話題になってた曲でもあります。

  ♪ こんど越してきた僕デス
  ♪ はじめましてと来ちゃうんだ

近所に引っ越してきたはじめての僕クンが主人公です。勉強はそれほど得意じゃなくて喧嘩も口ほどには強くない。ありがちな平均的な子供だけど、今後よろしくというのが一番です。若井丈児さんのキャラクターが元気に躍動していますね。

「平均点」というのは面接の自己PRとしてはちょっとアピール不足かもしれません。でも、この歌が登場した70年代なかばは子供の世界で「普通」であることが重視されるようになりはじめた時期でした。60年代の「思いこんだら~試練の道を~」みたいにひたすら努力して星をめざす生き方から、まわりと仲良く過ごすことが重視されるようになってきた時期です。そんな時代に目立つことや変わったことをして浮いてしまうことはご法度。「普通」が一番の時代にふさわしい自己アピールが「平均点の子供」だったのでした。

  ♪ 男はおやじとこの僕で
  ♪ 女は母さんただ一人

二番では家族構成が明かされます。夫婦と子供一人の三人家族ですね。試みに1976年の平均世帯人員数を調べてみると3.2人でした。三人家族というのはまさしく平均点の一家だと言えるでしょう。

ちなみに1953年には平均人員数が5人で子沢山&三世代同居が一般的だったのが、1960年には平均4人を切って核家族化が進んでいきます。70年代には3.3人ぐらいで横ばいになってますから、三人家族か時代より半歩先に進んでいるでしょうか。2DKの団地ぐらしもちょっと進んでいたかもしれません。

平均世帯人員数が3人を切るのは1990年です。それ以来少子化や単身世帯の増加で世帯人員数は減り続け2010年には2.6人となっています。三人家族が平均点の時代は障子の張替えや縁台将棋の風景と共に去りつつあるようです。

漫画とおやつが大好きな僕クン。この辺はいつの時代も共通する子供心でしょう。ガールフレンドはちょっと見栄を張っているようですが、こづかいの少なさも変わらぬ子供の悩みです。こんな僕クンに親近感を覚える人も多かったのでしょうね。加藤茶さんもカバーして、人気の作品でした。

『はじめての僕デス』
作詞:関沢新一
作曲:中村勝彦  
うた:宮本浩次
動画:若井丈児
初回放送:1976年8,9月

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

DC-DCコンバーター購入

アマゾンでDC-DCコンバーターを買いました。直流12Vから直流16V-22Vに可変で変えることのできるコンバーターです。ソーラーパネルで充電した蓄電池の電圧が12Vなのに対し、ノートパソコンやそれに給電するエネジャイジャー(外付けバッテリー)に充電する電圧が19Vなので、対応できるように変換する装置です。

これまでDC-ACコンバーターで直流12Vを交流100Vに変換して、それからノートパソコンやエネジャイザー付属のACアダプターで直流19Vに変換していたのですが、2回変換すると変換途中で熱が発生してエネルギーをロスしてしまいます。それから、DC-ACコンバーターは蓄電池側の電圧が下がってくるとする作動しなくなって、蓄電池の容量を十分生かせないという問題もありました。DC-DCコンバーターにすると変換ロスを少なくできますし、10Vぐらいまで電圧が下がっても使えてますので、その分蓄電したエネルギーを有効に利用できます。2000円ぐらいの安いのもアマゾンにあったのですが、ショートの恐れアリというレビューがあったので避けて5000円の少し高めのものを買いました。

それ以前にシガーソケットUSB給電機で直流12Vから直流5Vへの変換はできてましたので、基本ACコンバーターを使わなくても太陽光エネルギーを使える体制が整ってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

世界の太陽光発電導入量2011版

2011

TRENDS IN PHOTOVOLTAIC APPLICATIONS Survey report of selected IEA countries between 1992 and 2011(http://www.iea-pvps.org/)のデータから、世界の太陽光発電累積導入量の2011年版をつくってみました。ドイツの伸びが相変わらず大きいのですが、ここにきてイタリアの伸びが目を引きますね。地中海性気候で陽光に恵まれた条件を生かしてメガソーラーの設置が増えているようです。

ドイツはもともと緯度が高くて太陽光発電に適した土地とい うわけではないのですが、南ドイツを中心に設置が伸びていました。ただ、太陽光電力の買取費用を家庭の電気代に上乗せする額が月1000円を越えて負担が重くなってきたため2011年から段階的に買取り価格を下げてきています。多分、2012年以降は伸びが鈍ってくるでしょうね。

スペインもいっとき伸びたのですが、経済危機に陥ってからは伸びが止まっています。太陽光発電どころではないということなのでしょう。光には恵まれた土地なので惜しいことです。日本は2009年の余剰電力買取制導入後、伸びはじめてきています。今年から全量買取制もはじまってメガソーラー建設のニュースもきかれるようになりました。来年のデータではもっと増えてるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

IEA太陽光発電レポート2011

IEA(国際エネルギー機関)の太陽光発電レポート2011版(TRENDS IN PHOTOVOLTAIC APPLICATIONS Survey report of selected IEA countries between 1992 and 2011)が出てますね。(http://www.iea-pvps.org/

上のページをチェックすると各国版の最新バージョンの情報もわかるのでリンクを張っておきます。2011年時点の導入量グラフはまたのちほどつくって掲載しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

セレオ八王子北館

またまた久しぶりに八王子に行ってきました。リンガーハットの隣の吉野家があったところに力めしができてたりして、ちょっと意表をつかれつつ10月25日にオープンしたCELEO八王子北館を探検。1Fが食べ物屋さん、2~5Fがファッションフロア、6~8Fがライフフロア、9,10Fがレストランという構成でした。旧そごうとそんなに変わってないかもしれません。

4Fに無印、5Fにユニクロ、6Fにロフト、8Fに有隣堂や山野楽器が入ってました。有隣堂は広々して本の品揃えが充実してる感じです。無印にも席数の多い無印カフェが併設されていました。聖蹟の無印カフェよりずっと広くてゆっくりできそうです。これは収穫ですね。

レストランのフロアもあんまり変わってない感じで、中庭風の和風カフェも健在でした。中華そば屋さんの野菜を山盛りにしたラーメンのメニューが目を引いていましたね。今度いったら味見してみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エナジャイザー順調

ノートパソコン用の外付けバッテリー、エナジャイザーXP8000は順調に作動しています。それまではネットを使うとすぐにバッテリーがなくなっていたのですが、これをつないでから安定してネットを使うことができるようになりました。ブログの更新もiPhoneでできなくなった分、外でパソコンから更新できるようになりましたし一安心ですね。もっと早く買えばよかったです。

屋上に上げたソーラーパネルも順調に発電してシリコン蓄電池に電気を貯めてくれています。この電気を外付けバッテリーにうつして使っていますのでノートパソコンの電源もソーラー化することができました。エナジャイザーXP8000は12Vと19Vの電源を同時に給電できるので、ためしにプリンターの電源としてつないでみたところこちらもちゃんと動きました。ノートパソコンに給電しながら、プリンターで印刷するのもできそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

府中熊野神社古墳

Img_6874Img_5366

昨日、府中市の西の方にある熊野神社古墳を見にいってきました。近年発掘が行われて昔の姿が復元されたということで、西府の駅に大きく案内が出ています。西府から徒歩8分とありますが、今回はウォーキングがてら分倍河原の駅から歩いていきました。迷いながら行って20分ほどでしたから、まっすぐいければ15分ほどの距離でしょうか。

大きな石積みの古墳がなかなか見事です。夕暮れ時だったので夕日を背景に着陸した宇宙船のようにも思いました。元は熊野神社の裏山だったようですが、2003年から発掘調査が行われ、全国的にも珍しい上円下方墳という形式であることが判明したそうです。大化の改新前後の築造で、府中に武蔵国府が置かれる直前の時期の、この近辺最大の古墳ということで府中に国府を誘致した人物の墓ではないかと推定されているそうです。

国の史跡にも指定され、多摩川から玉石を運んできて2009年に復元が完成して公開されています。石室は埋めもどされて入ることはできませんが、隣の資料館に実物大の復元模型があってヘルメットと懐中電灯をもって中に入ることができました。入り口は狭くて頭を打ちそうでしたがなかは広くて、地震でも崩れないように互い違いに石組みされた玄室の様子を見ることができました。玄室の下部にも石造の建築物が沈まないように基礎がしっかり作られているそうで、大規模な土木工事を実行できる人物であったことが実感できるよい展示だと思いました。

熊野神社の境内はネコが何匹かいて、お出迎えしてくれます。平日の夕方ですがちらほら訪ねてくる人がいました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »