« 南リアス線 盛駅 | トップページ | ジオラマカフェ 釜石駅 »

2013年3月 8日 (金)

水星社編 みんなのうた4

水星社編 みんなのうた4
水星社編 みんなのうた4
水星社編みんなのうた楽譜集その4が手に入りました。これの巻頭にも「えのページ」があります。

「えのページ」収録曲は『山道ゆくなら』『海のマーチ』『うそなんかいうもんか』『かえる』『山のごちそう』『コックのポルカ』『ママごめんなさい』『フルーツサラダのうた』『ドミニク』『ぎらぎらとひょろひょろとちかちか』『朝いちばん早いのは』『小鳥の結婚式』『木ぐつ(サボ)をはいて』『粉雪のポルカ』『わんぱくマーチ』『レロン レロン シンタ』の16曲です。結構ありますね。

中原収一さんや和田誠さんのお馴染みの絵柄の中で横尾忠則さんの作品(『かえる』と『フルーツサラダのうた』)が異彩を放っています。なんといいますか、目に力がありますよね。かえるが変身した娘さんの絵がないのが残念です。

|

« 南リアス線 盛駅 | トップページ | ジオラマカフェ 釜石駅 »

コメント

この本も知っています。

冒頭の「映像」ページではいろいろな映像が紹介されており、今でこそメジャーな「コックのポルカ」「ママごめんなさい」も、この本で知りました。さすがに常連・中原の製作作品が多数を占めており、「コック」を始め、ある町の朝・昼・晩を写した「ぎらぎら~」、朝の風景を写した「朝いちばん~」(やはり「ハゲ頭のおじさん」って唄ったのか?)、木靴を履いた牧場の少女が印象的な「木ぐつ~」など、いろいろあります。でも大半は残ってないんですね。

さらに「ママごめんなさい」も良かったです。その後の再放送で拝見し、いたずらが見つかった少年と、両親・猫が、最後に何事もなかった様に、ツイストを踊るのが印象的でした。

なお最後に、フィリピンの民謡「レロンレロンシンタ」が紹介されてますが、私は1973年4月(40年前!!)に紹介されたリバイバル版を知ってます。歌手は同じ岸洋子ですが、映像は紙人形劇で、サイト調べては「門田ペーパークラフト」が製作したとなっています。どちらも音声は残ってますが、映像はありません。私にとっては「地球を七回半まわれ」「クラリネットこわしちゃった」同様、リバイバル版の印象が強かったです。

投稿: マーチャン2 | 2013年3月 9日 (土) 20時29分

「朝いちばん早いのは」の豆腐屋さんははげ頭に鉢巻しめた姿が載ってますから、やっぱり「はげあたま」と歌ってたのでしょうね。パン屋さんはコック帽をかぶった洋風のいでたち、牛乳屋さんは牛乳瓶の底のようなメガネをかけたインテリ風に描かれてますので、豆腐屋のおじさんは和風総本家を代表しているのでしょう。

「レロンレロンシンタ」も懐かしいです。タイトルのように優しい風のようなメロディですね。小薗さんが動画を保存してらっしゃるといいのですが…

投稿: くじょう | 2013年3月16日 (土) 14時27分

高校野球や大相撲、果ては「森友学園事件」関連だらけで、TVの放送が少なくなる今日頃々です。
(私にとっては内視鏡手術からはや1年、4月になれば外科手術から1年。その日は熊本地震の日であった。

この本で取り上げられた「うそなんかいうもんか」、同時期に放送された「春のロンド」、そして1970年に放送された「おれはひとりで」が、4月にラジオで再放送されます。

3曲とも聞いた事が無いですが、「春のロンド」は初期に活躍した楠トシエ(「ひょうたん島」の先生役)が歌い、また「うそなんか~」は後に「はつ夏の潮騒」で知られる梓みちよの初出演作です。当時は1963年のレコ大曲「こんにちは赤ちゃん」でブレイク中で、同曲の映画にも出てました(CSで見た事ある)。

しかし、こないだ買ったテキストから、ラジオのみの再放送曲は楽譜が掲載されなくなりました。インターから印刷するか、図書館で楽譜集(NHK発売のやつ)を借りるしかなくなりました。なんでこんな事したんですか!?

投稿: マーチャン3 | 2017年3月23日 (木) 23時46分

Vol.4所収の「♫山道ゆくなら 忘れちゃ ならない ほがらかなリズム 鳩笛もいいな」・・・懐かしい歌です。「走ろうこうまよ」(ポリー・ポリッソン、1963年8-9月放送)は、フランスで1960年12月放送開始のテレビ・シリーズ「ぼくらのポリー」(日本でも1962年にNHKで放送)の主題歌ですが、「山道ゆくなら」も同じドラマの挿入歌で、作詞・作曲も同じジョー・ハヨス。音声が発掘されたとのことなので、これもペギー葉山歌唱の「走ろうこうまよ」共々、再放送を希望する歌の一つですが、ドラマでは田舎道を子供たちが集団で行進する際に使われ、その場面はYou-Tubeにもアップされています。ただ、レコードとなると、向こうでもリリースされているかどうか分かりません。イザベル・オーベールの原語主題歌(「ポリー」)のレコードはあるようなので、あるいはそのB面に入っているかも知れませんが。

他に第4集では、「小鳥の結婚式」が、別の意味で懐かしいので(笑)。小学校の合唱コンクールで歌わされましたから。二部合唱でも結構難しいものなので、音楽的素質がほとんど皆無の連中ぞろいでは、見るも無残な有様でした。東京放送児童の真似をしろったって所詮土台無理だってのに(苦笑)。

投稿: KPO | 2017年3月29日 (水) 10時40分

マーチャン3さん

テキストにラジオのみの曲が載らなくなったんですね。自分もテキストを買って、どういうことか確認しようと思ったのですが、何軒か書店を回ってもテキストが置いてありません。いつもなら置いてある本屋にもないというのはどういうことなんでしょうね。よく売れているのかテキストの部数を減らしたのか…。HPみると放送時間もいろいろ変わって、深夜の放送なんかも復活してますね。送料がかかるのが難点ですが、Amazonで注文しておくことにしましょう。

投稿: くじょう | 2017年4月 2日 (日) 19時34分

KPOさん

『山道ゆくなら』、音取りしてみました。聞いたことはないけどリズミカルでいい曲ですね。山道を元気よく歩くにはぴったりです。HP(今日見たらリニューアルされてましたが)によると、音声・映像を探してますになってましたから、まだ発掘はされてないようですね。『小鳥の結婚式』は歌うには難しそうです。きいて楽しむ歌かもしれませんね。

投稿: くじょう | 2017年4月 5日 (水) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/56914147

この記事へのトラックバック一覧です: 水星社編 みんなのうた4:

« 南リアス線 盛駅 | トップページ | ジオラマカフェ 釜石駅 »