« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月31日 (月)

【今月のうた】『チョコと私』他 (2014年)

今回のクールも今日で終わりです。オリンピックがあったせいか、あっという間に終わった印象がありますね。例年第6クールの恒例となっている卒業ソングは今年は無しです。愛犬との出会いと別れ、そして新しい出会いを描いた『チョコと私』がある意味卒業ソングでしょうか。

2月の初めに「チョコ」ときくとバレンタインの話かと思いますね。実際はチョコレート色した子犬の話でした。子供のころに出会い、一緒に成長してきたチョコ。楽しいとき落ち込んだとき、そばにいてくれたチョコ。触れ合いのシーンを見るにつけ『クロ』の運命が頭をよぎります。そして私が大人になった冬の日の朝、チョコは旅立っていきました。

八神純子さんが実際に飼っていた愛犬がモデルだそうですが、人生をともに歩む感覚は猫とは一味ちがいますね。別れの喪失感も一段と大きいことでしょう。そして私が母となり娘がチョコに会ったころの自分の年齢になったころ…茶色の巻き毛の犬がワン!と鳴くところで物語は幕を閉じます。一世代時を隔てたチョコとの再会。丁寧に描きこまれた優しい絵柄のアニメーションとあいまってホッとした気分で見終わることができました。

『ねむいいぬ』では再び犬の登場です。同じクールに同じ動物が2度出てきたことってありましたっけ? 普通はかぶらないように選曲するのでちょっと記憶にありません。ある意味、歴史的な作品かも…。

なにかが気になって眠りたいのに眠れない。眠れないけど眠りたい。シュールなつくりの音楽ですしアニメーションです。『今夜も眠れない』も相当シュールな作品でしたね、そういえば。鼻が濡れてるぐらいはいいとして、蝶を食べて背中に羽根が生え、太陽をかじってベッドにし、骨を求めて地底深くまで…。妄想が妄想を呼び、いつしか夢の中へ…というオチでした。こういうのは結構好きです。妄想が湧くに任せるのが眠れないときに寝るコツかもしれませんね。

そして一段と妄想が炸裂するのが『ビーフストロガノフ』です。メキシコのプロレスラーかアラブの王様か、はたまた名高き大泥棒か? 妄想にふける僕を豚まん一家の母さんがみかねてビーフストロガノフをつくってくれるのですが、ここは簡単なヒントから母さんが妄想を膨らませてつくるつくる妄想ロシア料理であって欲しかったですね。

一. ストロガノフとは貴族の名前であ〜る
二. 年配の方でも食べやすい料理であ〜る
三. ロシア語の「ベフ」は実は牛ではな〜い

どげーなもんでしょか? 「妄想ニホン料理」が終わってしまって悲しいので、こちらで再会できてたら嬉しかったです!


『チョコと私』
作詞:KAZUKI、八神純子
作曲:八神純子
うた:八神純子
編曲:塩谷 哲
映像:木霊徹郎、たかあき

『ねむいいぬ』
作詞:すずきかなこ
作曲:坂田おさむ
うた:坂田おさむ
編曲:池 毅
映像:アダチマサヒコ

『ビーフストロガノフ』
作詞:タカハシ ペチカ
作曲:タカハシ ペチカ
うた:ショピン
編曲:ショピン
映像:川島明、大橋弘典
初回放送:2014年2月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜桜?

夜桜?
ぱっと見、夜桜がライトアップされているのかと思いましたが…

よく見るとモクレンでした。夜モクレンというのもオツなものですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月29日 (土)

桜咲く

桜咲く

桜咲く
ようやく桜のシーズンになりました。久々に中野にいったら警察学校とかあったあたりが大きく変わっていてびっくり。公園や景色のいいお店ができていて、桜が咲いてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【再放送曲】『みんなの恋愛論』(1991年)

懐かしい曲が再放送されてましたね。Eテレ「お願い!編集長」の100Eネ!集めたら再放送という企画で実現したようです(https://www.nhk.or.jp/e-tele/onegai/detail/20684.html)。かつて自分も『名もない湖』とか『風紋』で挑戦したことがあるのですが、古い曲はほとんど集まらないですね。懐かしいとはいえ90年代ぐらいだとチャンスがあるようです。

♪ こっそり電車であとをつける
♪ 待っても偶然はこないから


奥手な男の子が好きな肉食女子がストーカーする話…なんて説もありますが、何度も目にする対象に親近感を持つようになるのは広告の研究などでよく知られています。単純接触効果を意図的につくりだす話と言えるでしょうか。自宅のそばで会うほど有利かどうかは微妙で、吊り橋効果を狙うならドキドキできるところの方がいいでしょう。それよりもご近所を装った方が自然に単純接触の回数を稼げるということかもしれません。

♪ 恋のハウ・トゥ 悩んでるのはだあれ
♪ 恋はジャスト・ドゥ 悩んでるのはだあれ


ここの映像に「人類進化の図」が出てきます。昔からみんな同じことで悩んできた、そのなかでテクニックが進化してきたといいたいのでしょうか。この進化図は小学校のときもっていた図鑑に乗っていた図と同じものなんですよね。初回放送当時、一人で受けていたのを思い出します。

映像は総じて凝ったつくりになってますね。歌手の諸岡さん本人が登場する趣向は『遠いまち』の五輪真弓さんを思わせますが、こちらはハツラツと活躍します。

「おおメリー 僕についてきておくれ」
「終わりよ」

なんてシリアスなトーキー映画がバックに流れるとみるまに、諸岡さんが映画のなかに乱入! メリーさんとダンスを踊って打ち解けると見せかけて彼女を突き放し、彼氏と手を組んで去って行く展開には大いに笑わせてもらいました。これぐらい行動力があれば、大抵のことはなんとかなるでしょうね。ちなみにこのロケ地は横浜の山下公園でしょうか。

♪ 傷ついても たかが恋じゃない!

最後のフレーズは強烈なメッセージですね。特に若い人が傷つくことを恐れる風潮は当時より強まっているように思いますが、ときには「たかが恋!」と開き直ってみるのもいいかもしれません。

『みんなの恋愛論』
作詞:麻生圭子
作曲:葛口雅行
うた:諸岡菜穂子
編曲:清水信之
映像:実写
初回放送:1991年8月

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月27日 (木)

【軍師官兵衛】第12話 「人質松寿丸」

「まずは人質だ」

というわけで今回は信長が播磨勢に課した人質、特に小寺政職の人質問題に終始しました。毛利攻めに先立って、前線の播磨を固めるための措置と位置づけられます。別所、赤松の諸氏がすぐ人質を出したのに小寺が渋ったことから紛糾してしまいました。

小寺政職(まさもと)の子供斎(いつき)はドラマでは実際に病気だったと描写されていますが、仮病説もあるようです。いずれにしても「鳴かぬなら殺してしまえ」の信長のことですから、人質を出さない土豪などどうでもよくって、毛利攻めの過程で滅ぼしてしまえばよいと判断される可能性が高いでしょう。そこで官兵衛さん、やむなく一人息子の松寿丸を人質に差し出すことにしました。

ただこれには母親の光(てる)が猛反対します。小寺政職が信長を裏切ったら我が子が殺されてしまう…。小寺にとっては所詮は他人の子。裏切の抑止力としてはたかがしれています。効果少なくリスクのみ大きい人質に我が子を出すのに反対するのはよーくわかります。されとて他の手だても難しく…、というわけで官兵衛さん、どうするのかなと思ってみてますと、何と松寿丸自ら硬軟両用、言葉巧みに論陣を張り、母親を説得してしまいました! これにはびっくりしましたね。意外な展開でなかなかびっくりさせられるドラマです。

祖父に父の子供のころの活躍を聞かされ、自分も…と思っていたにしても、母親を口で圧倒し、さらに慰めるように穏やかに説くなど、急にできることではありません。松寿丸(のちの黒田長政)がそれだけの素質を持っていたのだということを紹介するための回だったようです、今回は。

かくて松寿丸は信長にもとに送られていきました。信長にしてみれば小寺の家臣の子を人質にとっても仕方ないところですが、松寿丸を手元におけば少なくとも官兵衛は裏切らない。小寺より官兵衛の方が使い勝手があるし、人質がいれば一段と難題を押し付けることも可能ということでこの措置を了としたというところなのでしょう。

こうしてもたついている間に謙信や毛利がどうしていたのか気になるところですが、ドラマではほとんど描かれていません。Wikipediaによると謙信は七尾城を落とし、柴田勝家を破ったあと一旦越後に帰っているようです。勝ったとはいえ兵も物資も消耗しているでしょうから、態勢を立て直す必要があったのでしょう。さらなる遠征には領民へのさらなる課税が必要ですから、そのために帰ったともいえます。

毛利も小寺がもたつく間に播磨に進出する手があったと思いますが、遠征には費用がかかりますし、なるべくはやりたくない、出兵すると長期に渡って支出を強いられるという事情もあるでしょう。そんなわけで、あちこち微妙なバランスを保つ中で話は次のステージ、秀吉の毛利攻めに移っていくことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月25日 (火)

『記憶のしくみ』(ブルーバックス)

『記憶のしくみ』(ブルーバックス)
ラリー・スクワイア、エリック・カンデル著『記憶のしくみ』上下巻(ブルーバックス 2013年)を読んでいます。2013年12月発行なのでかなり最新の知見が盛り込まれているとみていいでしょう。

昨日の段階で10章まで読み終わりました。記憶や学習が海馬(意識できる陳述記憶)だけではなく、舌状回(プライミング)や扁桃体(情動学習)、尾状核(習慣学習)、小脳(運動学習や無条件反射)といった各領域で、平行して無意識に生じていることが具体的に描かれていて、大変面白かったです。

また海馬の長期増強や古典的条件付けによる連合学習については、分子レベルでメカニズムが解明されているんですね。こういった知見は今後のモデル作りに取り入れていきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

ソーラーパネル追加

ソーラーパネル追加

Amazonでソーラーパネルを追加して買いました。初号機は60Wの多結晶型で1年半ほど前に買って元気に動いてます。今回の2号機は100W単結晶型で初号機より少し横長で一回り大きい感じですね。単結晶なので多少は変換効率がいいのでしょう。

ソーラーパネル追加

まだチャージコントローラーやらインバーターやらはつないでませんので、使えてませんがボチボチ配線していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月23日 (日)

【軍師官兵衛】第11話 「命がけの宴」

「謙信じゃ!」

信長は結局播磨には兵を出しませんでした。理由は上杉謙信。足利義昭の斡旋で、武田、北条と和睦した謙信が攻めてきた…というのですから、容易ではありません。柴田勝家に加えて播磨に向かうはずの秀吉も越前に差し向けることになりました。

この辺、毛利・足利の策が上手く運んでますね。義昭の政治力もなかなかのものです。毛利方がろうそくの揺らめくなか密議を交わす悪の結社みたいな描かれ方をされてるのが気になりますが、今回はしょうがないですね。

そんな訳で官兵衛さん、一人で岡山の宇喜多直家の調略に向かいます。上月景隆に仲介を頼みにいったところ、まさかの直家の登場。

「それはわしの得になる話かな?」

その声を聞いて思わず「おお、バサラ大名!」と叫んでしまいました。『太平記』でバサラ大名佐々木道誉を演じていた陣内孝則さんだったのです。めちゃくちゃ懐かしくて一気にテンションが上がりました。確かに宇喜多直家もはまり役のような気がします。

平気で人を毒殺する人だ…と事前に振られていて「酒でも飲むか」と言われると、かなりビビりますね。緊張感漂うシーンです。ただ、毒殺のターゲットは官兵衛ではなく織田に通じていた上月の家臣。織田にはつかないという強烈なデモンストレーションです。

かくて調略は不調に終わり、官兵衛さん織田についたは誤りだったかと迷いはじめます。この辺棟梁というのはしんどいですねえ…。十分ではない情報で決断を下し、その責任を負うわけですから…。

この後、柴田勝家と喧嘩して長浜に戻った秀吉が何とか信長に許されて播磨に向かうことになりますが、それはそれで柴田だけで北国が大丈夫なのか気になります。信長というポジションもまたしんどいポジションですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

貴船

叡山電鉄鞍馬線に乗って貴船に行ってきました。夏に川床で食事したいと思ってますので、下見になりますね。

貴船

鞍馬線の車両はリゾート列車風に窓が広くて、緑の中を走っていく風情です。座席も窓向きのソファ席があったり楽しいですね。

貴船

貴船口駅からバスで10分足らずで貴船につきました。川沿いに旅館や食事どころが連なっています。下流の方は川幅が狭いので貴船神社のあるあたりから上流がよさげな気がしました。

貴船

一番上流の思い川あたりまでいって帰ってくると結構疲れますね。貴船倶楽部という喫茶店が開いていたので一服しました。コーヒーとチーズケーキが美味しかったです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

初桜

初桜
昨日ですが、今年初めての桜が咲いてるのをみました。今日は冷たい雨が降ってて開花が足踏みですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

東京駅の満月

東京駅の満月
綺麗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

かき小屋

かき小屋

日曜日の午後、新宿のかき小屋で焼き牡蠣を食べてきました。結構並んでて、なおかつ回転が遅くて、なかなか回ってきません。「おしい!広島県」のノボリや看板を眺めながらかれこれ1時間半ほど待ったでしょうか。

かき小屋

がき1kg1500円なりの入ったカゴをゲットもっていざ焼き牡蠣に挑戦です。コンロに牡蠣を置いて蓋をして1分半。いったん蓋を開けて牡蠣の口を開いてふたたび蓋をして3分。それで出来上がりです。

かき小屋

はじめは牡蠣が熱くて汁をこぼして余計に熱い目にあったり、バタバタしてましたが段々焼くのに慣れてきて味わう余裕ができてきました。美味しいです! 殻付き1kgで12、3個でしたがそれだけ食べると十分堪能できますね。ご馳走さまでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

【軍師官兵衛】第10話 「毛利襲来」

石山本願寺と結んだ毛利の大軍が攻めてきました。その数5千。播磨国内の戦いでは千で大軍という感じでしたから次元の違う兵力です。

それに播磨国内の本願寺門徒も加わって1万近く。織田の本隊は石山本願寺に釘付けで援軍にはこないという情況で小寺軍は千程度の軍勢で毛利軍に立ち向かうことになりました。

毛利が本願寺と結ぶのは十分にありうることで、官兵衛さん読みが浅かったんじゃないかという気もしますが、兵力差に油断した毛利方に先制攻撃をかけ、さらに偽兵の計で何とか撃退に成功しました。相手の不意を二重に打つのはやはり効果がありますね。不意をついて相手が浮き足立ったところに、さらに「援軍だ!」と畳み掛けて決断を迫る。本当に援軍だとすると大きな損害が予想されますので、無傷で勝てるつもりの毛利方としては安全策をとって兵を引くことになります。チキンゲームにおける「背水の陣」(先手コミットメント)の応用ともいえるでしょう。

毛利方としては、敵地にきているからには不意を突かれないように本来物見を出しておくべきで、援軍の有無もそれで確認できたでしょう。そうしなかったのはやはり油断なんでしょうね。これぐらいの兵力差で相手を侮っているから「おしい広島」になってしまうのです。

もっとも毛利方としては本気で攻め込んで織田本隊と衝突する気もなかったのかもしれません。それより播磨勢を寝返らせて先鋒を務めさせれば、自身の損害は少ないという読みでもあるのでしょう。織田側としては、それを防ぐ必要があるはずですが、あんまり手を打とうとする様子はないですね。どうなるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

梅日和

梅日和

雪割草の他にもクロッカスやその他の花々も咲いてました。梅も中生の品種がちょうど見頃で綺麗でしたね。真ん中がやっぱり一番手厚いですから。

梅日和

梅日和

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪割草

雪割草

今日は雨になりましたが、昨日は暖かい晴天でした。郷土の森公園では雪割草が可憐な花をつけていました。

雪割草

雪割草と呼ばれる植物にはサクラソウ科のものとキンポウゲ科のものがあります。和名の「ユキワリソウ」はサクラソウ科の Primula farinosa ですが、この写真はキンポウゲ科のミスミソウ Hepatica nobilis だと思われます。白、ピンクの他に紫の品種もあるみたいですね。でも白やピンクの花が「雪割草」のイメージにはよく合うようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

『神経系の多様性 その起源と進化』

『神経系の多様性 その起源と進化』
このところ日本動物学会監修『神経系の多様性 その起源と進化』(阿形清和・小泉修共編 2007 培風館)という本を詰めて読んでいます。昨日の段階で第5章、脊索動物の中枢神経系の起源を論じた章まで読めました。いろんなことが分かっていて面白いですね。

数理モデルを作る立場からすると、ほとんど抽象化して単純化して使うことになるのですが、何を抽象化し単純化したのか把握しておくことが、そんなに的外れではないモデルを作る上で必要だろうと思っています。学習モデルの場合、進化のロジックからある程度外枠が決まってくるのですが、それが具体的にどんな制約のもとで実装されているのか、知っておくことが有用でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

白い富士

白い富士
本日3月11日の富士山は真っ白に雪化粧してました。


あれからもう三年すぎましたが、三年という時間は短いようで長いようで、やっぱり短いですね。中学や高校に入った子供が卒業すると思えば長いといえますし、更地になったところの土盛りがこれから始まるかと思えば、まだまだこれからの感も強いです。

純白の富士に復興の進展をお祈りしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛肉どまん中サンド

牛肉どまん中サンド

山形の帰りに「牛肉どまん中サンド」というのを買いました。お弁当を買うほどにはお腹がすいてなかったので、ちょうどよいボリュームでしたね。

牛肉どまん中サンド

見た目はお弁当ほどの迫力はないのですが、お味の方はどまん中。牛肉の旨味を堪能させてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

芋煮

芋煮

芋煮

山形の学会で芋煮をいただいてきました。ほっかりホカホカして美味しいですね。外は寒かったけど、温まりました。

芋煮

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

【軍師官兵衛】第9話 「官兵衛試される」

「試してもよろしゅうございますか?」

というわけで官兵衛さん、竹中半兵衛に試されてしまいました。何か無理難題を吹っかけられるのかと思ってましたが、「つまらぬ」「やはり買いかぶりすぎでしたか」とか煽られて、自ら別所と赤松を調略して信長に謁見させることを請け負う羽目に。この辺の竹中半兵衛の手腕が鮮やかです。

別所はともかく赤松は先年死闘を演じた相手で、いくさで身内をなくした家臣も多いというのに大胆な約束をしたものですね。家中の反対も多かったでしょうに、その辺を説得するシーンは省略して別所、そして赤松の本陣に乗り込んでいくシーンが描かれます。

さてどうするのか? 赤壁の戦いの前に孔明が孫権を説きにいったような大論陣を期待してワクワクしながらみてましたが…。城に乗り込むところまでは緊迫感に溢れていて引き込まれたのですが、一転調略に成功して小寺の殿に報告するシーンに。

信長方について西に領地を広げた方が得だ…ということを説いて説得したとのことですが、感情的になっている相手にどうやって理あるいは利を説いたのか。そこのところを見たかったので些か残念でした。ジェラシーにかられた小寺の殿の説得は官兵衛自身は成功しないで、信長の武力によって行われたわけですし。

その辺、ちょっと残念ではありましたが、全体として面白く見られた回でした。そして毛利の大軍が侵攻してきます。後世の人間は「おしい広島」になることを知っていますが、当時は知る由もありません。官兵衛さん、どう立ち向かうのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けぶる白富士

けぶる白富士
今日は風が強いですね。富士山が白くけぶっているのが見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

登別温泉

登別温泉

その後、登別温泉に行って帰ってきました。登別の地獄谷は初めてみましたがスケールが大きくて見応えがありますね。

登別温泉

有名なクマ牧場にはロープウェイで登っていきます。太平洋や倶多楽湖が一望できて気持ちのいいロープウェイです。シャケが吊ってある車両が混じっているのをみて笑ってしまいました。

登別温泉

クマ達はお客がくるとリンゴやクマクッキーがもらえるのを期待して愛想を振りまいてくれます。リンゴを投げると口でパクリとキャッチ。上手いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

カシオペアの朝食

カシオペアの朝食

朝食は6:30からです。早目にいかないと満席になるそうなので、6:10ごろに食堂車に行ってみたらもう何人か並んでました。それでも窓際の席を無事ゲット。

カシオペアの朝食

噴火湾の見事な朝日を眺めながら、洋食のセットを頂くことができました。朝の景色が見られる分、朝食の方が値打ちがあるかもしれません。

カシオペアの朝食

かくて9:32札幌着。ななつ星が走りはじめた今、最高級の夜行列車ではなくなりましたが、それでも十分快適な旅でした。やっぱりなくなるのは惜しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

カシオペアスイート

カシオペアスイート

下りのカシオペア1号車の最後尾は展望スイートになっています。発車前に行ってみたらまだ誰も乗ってませんでした。カーテンの隙間からなかが見えたので何枚か写真を撮ってみました。

カシオペアスイート

普通の寝台席では最初は座席になっているのを引き出して寝台にします。展望スイートでは座席とベッドが別で最初からツインベッドが並んでいます。座席を転用した寝台より寝心地がよさそうですね。

カシオペアスイート

座席は後ろ向きについていて180度の眺望を独占できます。この季節、北海道では一面の雪原を走る風景や噴火湾から昇る朝日を眺められることでしょう。朝食のルームサービスもあるようでゆっくり食事しながらパノラマの眺望を楽しめそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »