« 白い富士 | トップページ | 雪割草 »

2014年3月12日 (水)

『神経系の多様性 その起源と進化』

『神経系の多様性 その起源と進化』
このところ日本動物学会監修『神経系の多様性 その起源と進化』(阿形清和・小泉修共編 2007 培風館)という本を詰めて読んでいます。昨日の段階で第5章、脊索動物の中枢神経系の起源を論じた章まで読めました。いろんなことが分かっていて面白いですね。

数理モデルを作る立場からすると、ほとんど抽象化して単純化して使うことになるのですが、何を抽象化し単純化したのか把握しておくことが、そんなに的外れではないモデルを作る上で必要だろうと思っています。学習モデルの場合、進化のロジックからある程度外枠が決まってくるのですが、それが具体的にどんな制約のもとで実装されているのか、知っておくことが有用でしょう。

|

« 白い富士 | トップページ | 雪割草 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/59279422

この記事へのトラックバック一覧です: 『神経系の多様性 その起源と進化』:

« 白い富士 | トップページ | 雪割草 »