« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月30日 (土)

秋空

秋空

秋空
久しぶりに晴れ間が見えたと思ったらすっかり秋の雲でした。このまま涼しくなってくれると嬉しいのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【軍師官兵衛】第34話 「九州出陣」

「そこまでやるか!」

実の妹についで実の母親も人質に差し出す秀吉の捨て身の外交戦術の前に、家康もついに上京して秀吉に臣従する決意をしました。これで断れば家康の方が人でなし呼ばわりされて包囲網を築かれる恐れがあるので止むを得ないでしょう。

東とは戦わず西を攻める。二正面作戦を避ける官兵衛の戦略が実現した形ですが、実の母親を危険に晒す羽目になった秀吉には歓迎されざる作戦だったかもしれません。この辺からも隙間風が吹き込んできそうです。

毛利と提携し長曽我部を制圧して中国・四国を抑えた状況は信長末期よりよほど秀吉に有利で、九州の島津討伐や関東の小田原攻めとか順調に運んだような気もしますが、この後に及んでもまだまだ紙一重だったようですね。特に島津攻めは距離が遠くて時間がかかるため、其の間に徳川、北条、上杉あたりに手を組まれると厄介です。そこに楔を打ち込むのが冒頭の人質作戦ということになります。

もう一つ、毛利とは提携し長曽我部は制圧したとはいえ、配下として九州攻めを命じられるほど心服しているわけではありません。特に島津に攻められて秀吉に救援を求めてきた大友宗麟は毛利とも長年のライバルで、毛利としても積極的に助けるのは難しい相手です。こうした呉越同舟の混成部隊で遠征を行うのは、大変だったろうなと思いますね。大友宗麟を上条恒彦さんが演じてらしたのが個人的には嬉しかったですね。

「命には使い所があります!」

官兵衛と秀吉に不信感を持ち、病を理由として出陣に応じない吉川元春を官兵衛が説得するシーンが後半のクライマックスですが、「天下惣無事」のために命を捨ててくれという話なので元春ならずとも一考を要します。

「天下惣無事」はパックス・トヨトミーナ(豊臣の平和)の側面を持ちます。秀吉や部下たちの私益のために協力するいわれはない。こういう主張が当然ありえます。他方、戦闘の停止は生活を安全にし商業や産業を盛んにする公共財の側面も持ちます。当時の国の単位を超えたグローバル公共財の創出といってもいいかと思いますが、こういう点に着目すれば、十分協力しがいがあるともいえるでしょう。

吉川元春がどのような動機で協力に転じたのか知る由もありませんが、後者を重視したのかもしれません。当時、このような意思決定を迫られた武将たちは少なくなかったことでしょう。秀吉や側近たちが私益追求を控えて公共財創出を進めることができれば、自発的な協力を引き出しやすくなるはずですが、実際どうなるのか次回以降気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月29日 (金)

和牛万博



新宿の大久保公園で「和牛万博」をやってるので食べにいってきました。春にかき小屋をやってた所ですね。そんなイベントが増えてるようです。

和牛万博

万博とはいってもそんなにたくさん店は出てなくて、和牛の店7つと野菜の店、かき氷の店の計9店です。まあ、それでも全部食べるのはほとんど不可能なので十分な出店数とも言えるでしょう。

和牛万博

今日8月29日は「焼肉の日」だそうで和牛を頂くにはちょうどいい日です。「大安くらぶ」のリブロースステーキをメインに「ぎゅうぱく屋」の和牛の塩ミンチや「八百松」の塩だれたたききゅうりなどを食べてきました。





リブロースはとても柔らかくて美味しかったです。塩ミンチには岩塩の結晶が乗っていました。岩塩の旨味とよくあいますね。さっぱりしたきゅうりも口直しにピッタリです。他も食べてみたかったのですがお腹いっぱい。9月1日までなのであとは週末のみのチャンスですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月26日 (火)

家計調査にみる食文化比較

総務省統計局の家計調査のデータを使って、食文化の比較を試みてみました。(家計調査>家計収支編>二人以上の世帯>詳細結果表>年次>2013年 の 品目分類、都道府県県庁所在市別二人以上データを使用)

「食パン」「まぐろ」「牛肉」など食品204品目について一ヶ月の平均支出額を都道府県県庁所在市と政令指定都市別に示したデータがありましたので、これを各都市の支出額偏差値(平均50、標準偏差10の得点に正規化)に変換した上で主成分分析を行いました。第1主成分(寄与率15%)を横軸と第2主成分(寄与率10%)を縦軸として各都市をプロットしたところ、次のような図が得られました。

Photo

このタイプの図では、似たような品目別支出をしている都市が近くに配置されることになりますが、概ね東日本の都市が図の右側に、西日本の都市が図の左側に配置されています。第1軸が地理的な東西に対応しているということから西日本、東日本の食文化の違いが日本の食文化の違いの基本軸になっていることが予想できます。

第2軸の意味するところはいまいちはっきりしませんが、右上に東京、横浜、さいたまといった首都圏の大都市が布置し、右下に山形、福島、秋田などの東北の地方都市が布置していること、左側についても左上に大阪、京都、神戸といった関西の大都市が布置し、左下に佐賀、宮崎、山口といった西日本の地方都市がが布置している点を見ると、大都市ー地方都市という都市規模の違いを反映している軸のようにも思えます。とすると、東西の違いについで都市規模による違いが日本の食文化の第2軸になっていると考えられます。

この図で近くに布置されている都市同士のまとまりをくくってみるとおおまかに、右上に首都圏クラスター、右下に東北・北関東クラスター、左上に関西クラスターと瀬戸内クラスター、左下に九州・四国・山陰クラスターを識別することができそうです。それぞれのクラスターについて消費の多い品目や少ない品目を見てみましょう。

東京区部や横浜、さいたまといった首都圏クラスターでは「レタス」「かぼちゃ」「トマト」といった野菜類への支出、「チーズ」「スパゲッティ」「ワイン」といったイタリアンを思わせる食材への支出、「他のめん類」「他の主食的外食」といった外食への支出が多くなっています。消費支出自体この地域では多いのですが、高い所得を背景にした生鮮野菜や洋食、外食への支出が多くなっているようです。あと「しゅうまい」の支出が多いのは、横浜を含んでいるからですが、関東一円でしゅうまい支出は多くなっているのは興味深いです。しゅうまい文化というべきものが存在するようですね。

秋田、山形、福島などの東北地方や水戸、前橋、宇都宮など北関東地域の都市からなる東北・北関東クラスターでは「納豆」「中華そば」「塩さけ」「さけ」「他のきのこ」などが支出偏差値が高くなっています。納豆というと水戸納豆が思い浮かびますが、一番支出が多いのは福島で関東から東北にかけてよく食べられている典型的な東日本要素です。「中華そば」は要はラーメンで喜多方ラーメンをはじめとして東北地方でよく食べられています。

これらは納豆文化圏、ラーメン文化圏というべきものの存在を反映していると思われますが、「塩ざけ」「さけ」が多いのは北海道や東北で漁獲が多いことを反映しているのでしょう。「他のきのこ」も東北地方での生産が多い可能性があります。生産が多いためにその食材に慣れてよく食べられているという事例かもしれません。

大阪、京都、神戸などの関西大都市クラスターで支出偏差値が特に高いのは「はくさい」「牛肉」「たこ」です。「コロッケ」「すし(弁当)」「食パン」「他のパン」がそれについでいます。「はくさい」が多いのは関西の鍋文化が関係しているようです。「牛肉」は神戸牛や但馬牛などの和牛の産地があることと、古くから牛を役畜に用いて食べる習慣があったことから消費が多いようですね。比較的高価な牛肉を買うだけの所得があることも関係しそうです。「たこ」は北海道の生産が多いのですが、明石のたこをはじめとして瀬戸内海での生産も盛んです。生産駆動型の消費のようです。

「コロッケ」「すし(弁当)」「食パン」「他のパン」は<手軽な食事>として食べられているようですね。関西的な文化の要素が背景にありそうな消費パターンです。ちなみに「納豆」の消費はこの地域では少なくなっています。歴史的に東日本で生産されてきた食材なので、現代にいたっても馴染みが薄いようです。

広島、岡山、高松などの瀬戸内クラスターはあまり目だって消費されている食材はありません。唯一、消費偏差値が60を越えて
いるのは「かき(貝)」で59に「ソース」がつけています。これは明らかに広島名物ですね。特にかきの広島での消費は偏差値107と突出しています。高松や岡山もそこそこ食べてますので瀬戸内要素と呼んでもいいでしょう。こちらは生産駆動型の消費といえそうです。「ソース」は広島焼きやお好み焼きにつき物で広島、岡山、兵庫、大阪に消費帯が広がっています。こちらは粉物文化圏に関連する文化的消費といえるでしょうか。

左下の佐賀、宮崎、鹿児島、山口、鳥取、松江、高知などの九州・四国・山陰クラスターで多いのは「焼ちゅう」「あじ」「いわし」「即席めん」「砂糖」「煮干し」です。「焼ちゅう」は鹿児島、宮崎が突出して多いですね。この地域の生産が多いためと思われます。「あじ」「いわし」は鳥取、島根、長崎で水揚げと消費が多くなっています。いずれも生産駆動型の消費のようです。「煮干し」もこの類型に入るでしょうか。

「砂糖」の消費は長野県が実は一番ですが、山陰や九州でも高めです。逆に少ないのは東京や埼玉で所得との負の相関がしてきされています。所得の高い地域では味覚が多様化しているのでしょうか。「即席めん」も所得の高い地域で少ない傾向があるようです。

ざっと、家計調査から日本各地の食品支出の特徴を眺めてみましたが、ご当地で生産しているものを食べる生産駆動型の消費、食文化に関連して消費される文化駆動型の消費、所得に依存して消費される所得依存型の消費といった類型があることがわかりました。もちろん、これらの複合型もあるわけですが、この三つの類型を念頭においておくのが有用かと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

【軍師官兵衛】第33回 「傷だらけの魂」


「ここには化物しかおらぬ!」

道薫こと荒木村重が秀吉や茶々、三成、官兵衛らを前にして言い放つシーンが、村重編のクライマックスでしたね。「天下総無事など絵空事」ともいってましたが、天下人を前にこんなセリフを吐ける人はそうそういないでしょう。死を望んでいるからこその悪口雑言という官兵衛の注釈もこれまでの村重の遍歴を見ればうなずけます。権力の魔力を暴くセリフを秀吉の前で言わせるために村重のエピソードを綴ってきたのかなと思わせるほどでした。

まあ、秀吉がこの言葉をきいて己の行状を反省したりもしないでしょうけど、茶々の魔性ぶりといい今後のグダグダな展開を十分予想させてくれるシーンではありました。

権力の魔窟からの救いを官兵衛はキリスト教に求めたようですね。高山右近も同じような動機だったのかもしれません。こうした純なところが秀吉の疑念を招くことになるっぽいですが、その辺はあえて検索はしないでドラマの先行きを楽しみにしたいと思います。

荒木村重の子、岩佐又兵衛という人物も今回はじめて知りました。村重に劣らぬ波乱の人生を歩んだ人のようです。秀吉が怒りに任せて又兵衛に危害を加えなくてなによりでした。幼い又兵衛が描いた父の姿。それが村重の心を溶かす展開に一安心しながら波乱の九州遠征を待ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月22日 (金)

すた丼

先日、チカラめし八王子店がつぶれたあとにすた丼ができてました。結構電光石火ですね。お客さんも結構入ってました。多少単価が上がってもそれなりに美味しければ客がつく時代になったのかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

姫路城

姫路城

姫路城にきています。雨が上がったのはいいのですが暑いですね。姫路の商店街は官兵衛だらけでしたが、お堀の周りは昔のままの静かな佇まいです。

姫路城

白塗りの天守閣はまだ周辺を改修中らしくて中に入ることはできません。まあ、外から見てる方が綺麗でいいのですけどね。天守閣の代わりに西の丸が展示の中心になっているようです。

姫路城

世界遺産だけあって外国からの観光客もたくさんきています。案内員のみなさんも流暢な英語を話されていてさすがですね。千姫が百人一首をしている展示がある化粧櫓はCosmetic Tower と訳されてました。そのまんまだけどわかる気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土)

焼き肉

焼き肉
平壌亭の特選盛り合わせです。相変わらず柔らかくて美味しかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

【軍師官兵衛】第32話 「さらば、父よ!」

【軍師官兵衛】第32話 「さらば、父よ!」

「ただ待っていればいいのです!」

長久手の戦いで家康に敗れたあと、再戦を挑もうとする秀吉を諫める官兵衛が格好良かったですね。徳川家康は信長の家大事な盟友であり、秀吉にとっては厄介な相手です。しかも関東の北条や紀州の雑賀衆、四国の長宗我部と結んで秀吉包囲網を築きつつある状況では早めに叩いておくべきだ。それが石田三成の意見だったようです。

ただ長久手の戦いの後、家康も秀吉を追撃できるほどの兵力はなく、その後巧みに織田信雄陣営を切り崩して信雄と和議を結んだ時点では、家康側も秀吉に挑みづらい形勢になっています。そこで悠々と穴熊に囲うように四国と九州を抑えて後顧の憂いを絶ってしまえば、家康といえども屈するしかないという官兵衛の読みは言われてみればもっともで秀吉も大いに納得したことでしょうね。

この辺の秀吉、三成、官兵衛のやり取りが史実なのかどうかは分かりませんが、とても見応えのあるシーンでした。論争に敗れた三成がどうでるのか気になるところです。秀吉もこの場は官兵衛に従いましたが、徐々に他人の言うことをきかない天下人になりつつある様がうまく描かれていました。

官兵衛自身は姫路の北西の宍粟(しそう)郡に4万石の領地を得て大名としての第一歩を歩みはじめます。現在、宍粟市では「官兵衛飛躍の地」としてキャンペーン中のようですね。

官兵衛自身はあちこち出掛けて忙しいので領地の経営は長政に委ねることになりますが、これがなかなか難航します。人心がなびかないため領民の意見を聞こうとするのはいいのですが、いざ忌憚のない意見が寄せられると逆上して刀の柄に手をかけるありさま。これでは人心は離れてしまいます。まあ、新領地の経営はだれがやっても難しいものではありますが、利発だった松寿丸の面影がなさ過ぎるのが残念ですね。

官兵衛に代わって家臣たちの相談を受けた職隆が山崎城まで孫の様子を見にやってきました。どういう風に長政に語りかけるのだろうと思っていると、薬草採りにいった昔話から切り出しました。父が喜ぶと思っていつもの2倍の薬草を採ってきたこと。父は喜ぶどころか逆にひどく自分を叱ったこと。

「なぜ父が怒ったか分かるか、長政」

それは、これから大きくなるはずの小さな薬草まで摘んでしまっていたからでした。そんなことをすると今が良くても、将来困ってしまいます。育つまで待つことの大切さ。よかれと思ってしたことでも裏目にでることがあること。大切なことを説教くさくなく自然に伝える見事な昔話でした。

これはよく練られたエピソードですね。領民との関係に苦しむ長政にどう語るか、職隆も道々考えに考えたのではないでしょうか。年長者の知恵は参考にしたいものです。官兵衛の「待つだけでいいのです」という考えかたも職隆譲りだったのかもしれませんね。

これが黒田職隆、最後のエピソードになりました。子どもたちにコマの回し方を教えるシーンまでは元気だったんですけどね。このあと倒れて寝込んでしまい、官兵衛はじめ一族が枕元に集まってくる…シーンを想像していたのですが、木陰に腰を下ろして一服すると、そのまま静かに息を引き取ってしまいました。どこまでが史実なのか分かりませんが、官兵衛や長政に後事を託し小さな子供たちを見守りながら亡くなるというのは実に職隆らしい最後で感銘を受けました。ある意味、理想的な最期の迎え方ともいえるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

何雲?

何雲?

さっき空を見上げたらこんな雲が浮かんでました。輪郭がぼんやりしているさまは高層雲っぽいのですが、大きくて形が整っているさまは吊し雲のようでもあり、その割に近くに山もなし…ということで何雲なんでしょうね。台風一過の強風と関係がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

チカラめし撤退

チカラめし撤退
八王子の東京チカラめしの店舗が昨日付けで閉店してました。「近所の橋本店をご利用ください」とありますが、橋本とか全然近所じゃないですね。

7日には東池袋店が閉店しているのを見かけましたし、一世を風靡した「焼き牛丼」も全面退却に転じているようです。調べてみると今年の4月10日付けでこんな記事が出てました。

>三光マーケティングフーズは10日、牛丼店「東京チカラめし」の直営店の約8割にあたる68店舗を売却すると発表した。売却先はカラオケ店などを運営するマック(東京・新宿)で、売却額は未定。三光マーケは新会社「チカラめし」(東京・豊島)を6月2日付で設立して68店を移管し、新会社の全株式をマックに譲渡する。(日経ウェブ http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXNASDZ100ER_Q4A410C1TJ2000/)

「焼き牛丼」好きだったのですが、そういえば2、3回しか食べてませんでしたね。そんな人が多かったのでしょう。長続きする商売をするのはむつかしいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマチックな夕焼け

ドラマチックな夕焼け

空の写真を撮っている人がいたので見上げたらこんな光景でした。大河ドラマみたいな雲ですね。

ドラマチックな夕焼け

台風一過にはまだ早いドラマチックな夕焼けです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

【軍師官兵衛】第31回 「天下人への道」



毛利と和睦して山崎の合戦で明智光秀を破るまでがクライマックスかと思ってましたが、まだ柴田勝家との戦いが残っていました。信長亡きいま家臣団が主導権を巡って争うのは必定です。清洲会議は秀吉の擁する信長の孫、三法師が織田家の当主ときまりますが、柴田の擁する信長三男の信孝も三法師の後見人になり柴田との対立は続行します。

秀 「なんとか穏便に…」
官 「やらなければ、こちらがやられます!」


四方の非織田陣営が結束して包囲している状況なら、織田家臣同志で争う余地は少なく、何らかの妥協がありえたかもしれません。しかし秀吉と毛利が結んでいる状況では、柴田としても相当不利な条件でなければ秀吉と和睦できるとは考えにくいことでしょう。

それを潔しとしないなら、全力で柴田が秀吉をつぶしにくることは必定と官兵衛はみて、先手を打つことを提言したと解釈できるでしょうか。毛利も一枚岩でなく柴田側も調略に乗り出すなか、官兵衛も足利義明に釘を刺しにでかけます。この辺の多数派工作は見応えがあって面白かったですね。

その最中、官兵衛は千宗易の仲立ちで茶人となった荒木村重に再会します。ここで登場するんですね。また出てくるする機会もあるかと思って、ワザと村重についてはググらずに待っていた甲斐がありました。4話目だったかの最初の登場時とはまるで別人のような変わりようを田中哲司さんが見事に演じてらっしゃいます。リアルな戦国時代を感じさせるエピソードだと思いました。

千宗易は伊武雅刀さんが演じてらっしゃいました。お元気そうで何よりです。島くん役だった仲村秀生さんの訃報をきいたばかりなので感慨深いものがありました。総統にはまだまだ元気でご活躍いただきたいと思います。

柴田と秀吉の多数派工作は賤ヶ岳の合戦でクライマックスを迎えます。柴田側3万に対し秀吉側5万と言いますから、山崎の合戦ほどの兵力差ではありません。それでも序盤のリードを保ったまま9回まで漕ぎつけたあたりに官兵衛の功績があったでしょうか。

この戦いでは一旦岐阜に移動した秀吉が、5時間で近江の戦場に引き返してくる「美濃大返し」という見せ場があったのですが、そこは描かれずじまいでした。「中国大返し」とテイストがかぶるからでしょうか。戦闘に入る前の多数派工作で圧勝することには成功しなかっただけに、戦闘の細部が重要になるところではありますが、おそらく尺の関係でその辺は省かれて、勝家敗北、自害まで一気にストーリーが進んで今回は終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼太郎駐輪場



調布駅の近くで新しい駐輪場をつくっています。完成に近づくとともに鬼太郎や一反もめんが姿を見せ始めました。結構目立つので調布の新しいランドマークになるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

【軍師官兵衛】第30回 「中国大返し」

毛利と和議を結んだ秀吉軍はひたすら東を目指します。姫路までを1日で駆け、1日休息。翌朝摂津に向けて出発しました。

朝廷の支持を受ける光秀や旧幕府の権威にすがる義昭に対し、毛利とのオーマン・マシュラー連合を背景に秀吉は実力と大量の書状でフォーカルポイント形成を目指します。権威を背景にしたフォーカルポイントも「みんなが従うようなので従う」という構造を持ち侮れないのですが、ここは「あれだけの力があればみんな従うだろうから従う」という実力と宣伝力を兼ね備えたフォーカルポイントに軍配があがりました。

高山右近をはじめ摂津の諸大名が秀吉についたことで大勢は決しました。さらに信長の三男信孝を担いで権威まで手に入れては盤石です。光秀が坂本城に逃れていたとしても再起は難しかったでしょうね。かくして軍師官兵衛の一番の見所も終わりに近づいたような気がします。あとは清洲会議で残ったライバルを退ける顛末ぐらいでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引き分け



早くも東京ドームの最終戦になりました。明日、あさってはいかないので今年は引き分けで幕を閉じたことになります。散々チャンスをつぶして残念でしたが、そこはお互い様。負けなくて良かったとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【今月のうた】『ムクロジの木』他 (2014年)

【今月のうた】『ムクロジの木』他 (2014年)

6-7月のクールも今日で終わりです。毎度いってますが早いものですね。

『ムクロジの木』は今月のロングバージョンにして大河枠の作品でした。主人公が子供の頃から説き起こして成長し大人になり、結婚して子供が生まれる程度のタイムスケールで描く作品を「大河枠」と呼ぶことにしています。『チョコと私』や『日々』が最近の例になりますね。『友よ』のアニメーションも大河スケールでした。『大きな古時計』が大河枠の元祖かもしれません。

ノスタルジックな夕暮れの風景に僕のなつやすみっぽいキャラクターが登場する『スパークだ!』。曲調もあんまりスパークっぽい感じではないなと思っていたら、子供の頃の夢を思い出して「スパークだ!」と気合を入れました。これはこれでいいですね。どこかの店で流れているのも耳にしました。何かしら嬉しいものです。

ムクロジの大きな木に見守られて成長する主人公。赤トンボを見た日。両親と喧嘩して飛び出した日。新居を構えて子供が生まれた日。思い出の中にいつもムクロジの木がやさしく聳えていました。木漏れ日のように降り注ぐムクロジの花や実のCGも綺麗でしたね。ライチやフウセンカズラとも同じ科で実は羽根つきの玉や石鹸としても使ったようです。

ノスタルジックな夕暮れの風景に僕の夏休みみたいなキャラが登場する『スパークだ!』。ちょっと演歌っぽい曲調もあんまりスパークっぽくないなあと思っていたら、子供の頃の夢を思い出して「スパークだ!」と気合いを入れました。それもいいですね。どこかの店で流れているのも耳にしましたが、これも嬉しいものです。

『われわれは宇宙人だ!』では久里洋二さんの久々のアニメーションが楽しめました。みんなのうたでは39年ぶりの登場で38作目になるようですね。実は地球人も宇宙人。久里さんの可愛らしいキャラクターが子供たちの軽妙な掛け合いとともに深遠な宇宙の真理を教えてくれました。

『ムクロジの木』
作詞:ダイアモンド☆ユカイ
作曲:平井夏美
うた:ダイアモンド☆ユカイ
編曲:小野澤篤
映像:小森よしひろ(白組)

『スパークだ!』
作詞:横山剣
作曲:横山剣
うた:クレイジーケンバンド
映像:ラポロ座

『われわれは宇宙人だ!』
作詞:渡辺なつみ
作曲:田村直樹
うた:らいふ
編曲:田村直樹
映像:久里洋二、吉野ナオコ
初回放送:2014年6月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »