« ピッツア・テアトロ | トップページ | 【今月のうた】『ぎんなん楽団カルテット』他 (2014年) »

2014年11月27日 (木)

【軍師官兵衛】第47回 「如水謀る」


「好きなようにやらせてもらう」

如水さん、楽しそうですね。目が表情が生き生きしてます。三成のくちびるがヒクヒク引きつっているのと対象的です。田中さん、ヒクヒクが上手ですね。

会津の上杉に挙兵させて関東の背後をつき、家康に討伐に向かわせる。家康が大坂城を離れた隙に、西日本の諸将を糾合して三成が挙兵して家康を挟み撃ちにする。三成が考えていたであろう作戦を当てて見せることで如水は何を狙っていたのでしょう?

自分も家康もお見通しだからそんなことはやめろと言おうとしているのかなと始めは思ったのですが、どうもそうではないですね。みんな承知だからその予想を上回る兵力を集めてみせろとハッパをかけにいったように思えます。両軍互角で激突させてキャスティングボートを握る。それが如水の計だったのかもしれません。

長政は糸を離縁して家康の養女、栄を娶ります。実家の蜂須賀家の不興を買ったと言われますが生き残りのための果断な行動ではありますね。毛利家は恵瓊の策で三成につきますが、異論もある模様。三成側がフル稼働するのはむつかしそうな情勢で、それもあって如水はハッパをかけにいったのでしょうか。

この作品では石田三成を概ね保身に走る俗物として描いていますが、その辺りに苦情もあったのでしょうか、官兵衛紀行では「佐和山では善政を敷いた」とフォローしてました。どの登場人物も実際にはいろんな面をもってますが、ドラマではストーリーが複雑になるので単純に描かれがちです。こういうフォローの仕方も有用でしょうね。

|

« ピッツア・テアトロ | トップページ | 【今月のうた】『ぎんなん楽団カルテット』他 (2014年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/60724067

この記事へのトラックバック一覧です: 【軍師官兵衛】第47回 「如水謀る」:

« ピッツア・テアトロ | トップページ | 【今月のうた】『ぎんなん楽団カルテット』他 (2014年) »