« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月31日 (水)

【軍師官兵衛】最終回 「乱世ここに終わる」

14日の放送が総選挙のために21日に延期になり、それは別府に旅行中で見れなかったので、いろいろ見るのが遅くなってしまいました。

関ヶ原の合戦は長政の調略が功を奏して一日で決着。家康は大坂城に入城しました。これで勝負ありで安国寺恵瓊も石田三成もさばさばとした表情で処刑されていきました。実際はどうだったのかは分かりませんが。

如水の九州制圧からキャスティングボートを握る作戦もこれにて終了です。長い間お疲れさまでした。このあと大坂で家康と対面する場面は見どころがありましたね。どのような天下をつくるのかという如水の問いに

「わしが死んだあともいくさのない世の中にしたい」

これは格好いいですね! 秀吉没後のゴタゴタを目の当たりにしているだけに、如水ならずとも頭を下げたくなってしまいました。

このような問答が実際にあったのかどうか知りませんけど、そのような高い志を持った天下人が欲しいという脚本家の方や寺尾さんはじめキャストのみなさんやドラマ関係者のみなさんの願いが、ひしひしと伝わってくるシーンでした。開票日当日の放送を避けたのも分かる気がします。

こうした家康の志に賭けた長政を如水が称えるシーンも良かったです。官兵衛は長政を叱ってばかりのイメージがありましたが「子に越えられるのは悪いものではない」と最後に言えたのは幸いでした。

大坂の豊臣政権は豊臣政権として江戸で幕府を開くという家康の構想はやはり秀逸ですね。朝廷は朝廷として鎌倉で幕府を開いた頼朝の先例があるとはいえ、関東で体制を整えてから承久の乱のように大坂夏の陣で前政権を制圧するという用意周到さはさすがです。この辺はもう「官兵衛」の範疇ではないですけどね。「家康」のDVDを見たくなりました。

個人的には大変満足できる作品で何度もリプレイしながら見させてもらいました。岡田さんはじめ関係者のみなさま、ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月26日 (金)

地獄蒸し

別府の鉄輪(かんなわ)温泉で地獄蒸しに挑戦してきました。「地獄蒸し工房 鉄輪」で体験できます。ガイドブックにも載ってるところで賑わっていました。14時過ぎにいったのに「30分待ち」。お昼時だともっとかかったかもしれません。



こんな感じで「地獄の釜」が並んでいるので500円ほどの利用券を買って待ちます。食材の持込みもできるようですが、今回は魚介と野菜を買って蒸してみることにしました。



野菜を買うと卵もついてくるみたいで三段重ねで釜にいれていきます。蓋が結構重い! ずるっと引きずりながらずらして食材の入った籠をセットしました。卵は半熟で8分、魚介は15分、野菜は30分待つそうです。

中のテーブルで待機して時間がくるたびに食材を取りにいきました。スタッフの方が手伝ってくださるので助かります。卵はちょうど半熟で美味しかったですね。食べ終わると魚介が食べごろに。巧みな時間差がナイスです。



カキやホタテやエビを味わっているうちに野菜も蒸しあがりました。ジャガイモ、サツマイモ、かぼちゃにタマネギ。かぼちゃ以外は根菜でかぼちゃもどっしりした野菜です。この辺が芯までホクホクに蒸し上がっていました。さすがは地獄の威力ですね。塩をパラパラするだけで甘みのある美味しさを堪能できました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月25日 (木)

海地獄

海地獄は高校の修学旅行以来の気がします。35年ぶりぐらいになるでしょうか。修学旅行は7月上旬で雨の中、九州を回りました。地獄巡りも傘をさしながらで、湯気がもうもうとしていた記憶と、山地獄が動物園になっていた記憶しかありません。



今回は晴れの海地獄ということで綺麗な青色を堪能することができました。深さ200m、1日150万リットル湧いてるそうですね。1秒になおすと17リットルですから、そんなものかもしれません。深さ200mの方は俄かに信じ難い数字です。何か沈めて測ったのでしょうか。



赤いのは大オニバスの温室の脇にあった温泉です。血の池地獄はいかなかったのですが、もっと赤いんでしょうかね。大オニバスもこの時期は枯れていて見られませんでした。残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月24日 (水)

メリークリスマス!




別府の駅前で別府観光の父、油屋熊八さんがクリスマスをお祝いしていました。亀の井旅館や亀の井バスの創業者なんですね。なんとも楽しそうな方です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月21日 (日)

南アルプス

南アルプス
南アルプスの山並みが綺麗に見えました。富士山は反対側で身損ねて残念だけど、よいフライトでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月20日 (土)

羽田空港国際線ロビー

羽田空港国際線ロビー
イルミネーションが綺麗です。七夕飾りみたいとか思ったら、竹にLEDが飾りつけてあるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

ストランド・ビースト

風の力で走るストランドビースト展が長崎で開かれていたんですね。知ってた見に行ったんですがすでに7日で終わってました。残念です。
http://www.nagasaki-museum.jp/whats_new/kikaku/theojansen.html

3Dプリンターで作ったものを買えるサイトがあるようです。
https://fabcross.jp/news/2014/12/20141215_theojansen_strandbeest.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月15日 (月)

絶対得票数の推移

絶対得票数の推移
総選挙が終わりましたので各政党の絶対得票数の推移をみておきましょう。比例区の各ブロックの得票を合計した値で比較しています。
前回2012年と似たような選挙結果からも推測できるように、前回と余り変わっていません。自民党は2012年から100万票ほど増えました。投票率が下がってますので減ってる可能性もあったのですが、結果は微増です。

それでも2009年に政権を失ったときの得票に及んでいませんし2005年の郵政選挙からは500万票ほど減ったままです。むしろ2003年の値に近いので自民党の基礎体力は今ぐらいと言えるでしょうか。

民主党も15万票ほどの微増でした。底は打ったということかもしれませんが、2003年や2005年よりは1000万票ほど減ったままです。回復には程遠い状況ですね。

維新は400万票ほど減りました。分裂を経てもっと減るかともおもってましたが、踏みとどまってるという気もします。ある程度固定支持層がついてきているのでしょうか。みんなの党の500万票がこの3党に回っている感じではないですね。棄権率が5ポイントほど増えてますので、この分が棄権に回った形になってるようです。

グラフには示してませんが共産党が100万票ほど増えて600万票になりました。投票率が下がるなかで得票を増やしたことで議席増につながったようです。

前回からちょうど2年後の総選挙で大きな変化は起きてはいないようです。変わるとすれば2、3年後の次の総選挙でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【今月のうた】『はんぶんおとな』(2014年)

今月のうたはなかなかいいですね。『はんぶんおとな』は10歳のお誕生日を祝ううたです。歌ってるのは井上あずみさんと娘さんのゆーゆさん。

ゆーゆちゃんたら、先日『6さいのバラード』歌ってたのに、もう4年もたったのかと思って調べてみたら『6バラ』は2012年2月の放送で2年10ヶ月たってるんですよね。2004年9月生まれだそうなので7才で『6バラ』を歌い、今年9月に『はんぶんおとな』になったということのようです。

♪ わたしが生まれた日 どんなだったの?
♪ みんな喜んで 笑っていたよ


ハーフ成人式の歌なので1番は来し方の10年を振り返ります。自分を産んだばかりの10年前のお母さんの姿を思い浮かべられるころでしょうか。周りから祝福されて生まれてきた自分の姿を想像できるのは幸せなことですね。

ちなみにこのシーンを見ると「あれから何年たったでしょうか」と頭の中で自動的に再生されて、ちょっとジンと来てしまいます。

♪ はんぶんおとな
♪ おとなへはんぶん


スキップするようなウキウキするような弾むリズムで歌われます。きっと二人でスキップしてるのでしょう。初めて聴いたときはこの部分でタイトルの意味を了解しました。幸せな二人三脚が折り返し点を迎えたのだと。

♪ あなたの夢は何? 教えてくれる?
♪ たくさんありすぎて まだ分かんない

2番は行く末の10年に思いを馳せます。道半ばには『拝啓 十五の君へ』のような疾風怒濤の時期が待っているはずですが、それはまだ先のこと。思春期直前の5年生くらいが子供の完成形とも言われ、コナンやラナもそれぐらいの年代だったと記憶してますが、一番明るく未来を展望できる時期かもしれません。

今の幸せな記憶を心に刻んで、本物の大人への階段をしっかり登っていって欲しいですね。

『はんぶんおとな』
作詞:山田ひろし
作曲:磯貝サイモン
うた:井上あずみ&ゆーゆ
編曲:磯貝サイモン
動画:長井勝見
初回放送:2014年12月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙PRカー

選挙PRカー
浅草橋駅前でピンクの車が投票の呼びかけをやってました。台東区の選挙PRカーみたいですね。こんなの初めてみましたが、目立つという点ではいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

ロボット相撲大会

ロボット相撲大会

国技館でロボット相撲大会を見ています。初めて見ましたが面白いですね。重厚な力技や目にも止まらぬ早技が繰り出されて圧倒されてしまいました!



ラジコンの部は日本チームの毘沙門零(ゼロ、右側)がメキシコチームを押し出して優勝しました。自立部門はラトビアチームの優勝です。毘沙門零は高校生チームの優勝だそうですごいですね。おめでとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月13日 (土)

最初のB5版テキスト

B5テキスト

1969年度のテキストを入手しました。4、5月、6、7月、8、9月、10、11がなくて12、1月、2、3月です。時々ヤフオクでまとめて出品されてるので注意が必要ですね。

B5テキスト

この年度からB5の大きさになったようですね。それまでがB6で無償配布だったのが、版が大きくて有料になったようです。定価70円とあります。

このサイズが今に至るまでのみんなのうたテキストのサイズになっています。記念すべきB5版テキスト第一曲は『春風のドライブ』。う〜ん、知らないですねえ。音取りしてみましたがやっぱり聞き覚えがないです。

ドライブらしく、ロー、セカンド、サード、トップとギアを上げつつアクセルを吹かすスピード感のある歌っぽいのですけどね。再放送もされてないようで聞いたことありませんでした。

2曲目は『長崎めがね橋』、3曲目が『44ひきのねこ』とメジャー曲で映像も見つかっているので、そのうち発掘されるかもしれませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月11日 (木)

【軍師官兵衛】第49回 「如水最後の戦い」

いよいよ東軍と西軍の激突が近づいてきました。両陣営の調略合戦も熾烈になる中、西軍は秀頼出陣という切り札を逃してしまいます。フォーカルポイントを明示することで優勢を印象付け、味方の離反の不利を悟らせ、相手の離反を促す効果が期待できるのですが…

劇中では淀君が秀頼を危険に晒すのを嫌がったという風に描かれていました。勝てるのなら三成に最小勝利連合で勝ってもらい、自らはフリーライドしたい。負けるのなら出陣しないことで家康の心象を悪くしないようにしたいという戦略的判断だったのでしょうか。ステップワイズ型の社会的ジレンマで現れがちな行動パターンではあります。

三成としては、秀頼が出陣すれば勝てるが出陣しないと負けると説得できれば良かったのですが、見栄を張って出陣しなくても勝てるといってしまったばかりに結果的に勝機を逃すことになってしまいました。

おねさまも小早川秀秋の使者を徳川方の長政に紹介したり、西軍の足並みが揃ってないですね。北政所にしてみれば、どちらに肩入れするほどの理由もないのでしょうけど。そんな状況だけに一層秀頼を引っ張り出せなかったのが痛かったと思われます。

他方、九州で挙兵した如水軍は大友吉統の軍勢と対決します。九州の地侍たちの間に三成への不満が充満している…というような状況でもないようですから、如水側の戦略としては勝ち馬に乗らせる、あるいは生き残りのために如水につかせるという形になります。不満充満型の挙兵では頼朝のように初戦でつまづいても挽回の余地がありますが、そうでない場合は初戦に圧勝しないと風は起こせません。

その大役を九郎右衛門が務めたわけですが、出陣の際のスローモーションにドキッとしました。この手の演出は「二度と会えない」フラグだったりしますから。果たして九郎右衛門は大友方の豪傑と手に汗を握る一騎討ちを繰り広げますが、相手の矢傷もあって辛勝。一安心しました。

この合戦の場が別府近郊だそうですね。来週別府に行くので奇遇です。最終回の関ヶ原の合戦は総選挙の特番とぶつかるので20日に延期になってしまいました。総選挙も本来天下分け目の合戦なんですが、今回はあんまりそんな感じじゃないのが残念です。14日はBSでは最終回を放送するみたいなのでそちらで見れたら早目にコメントできるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月10日 (水)

屋外リンク

屋外リンク
こんな屋外リンクも出来てました。スケート靴のレンタル込みで1800円ぐらいみたいです。

スケートとかひょっとしたら綾部にスケートリンクがあったころに滑って以来かもしれません。30年ぐらい滑ってない気がしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メッセージキャンドル

メッセージキャンドル


メッセージキャンドル

昭和記念公園にこんなピラミッドが出現していました。メッセージキャンドルとありますので、夜になるとメッセージが浮かび上がるようにキャンドルが灯されるのでしょうね。綺麗そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 6日 (土)

【軍師官兵衛】第48回 「天下動乱」

【軍師官兵衛】第48回 「天下動乱」

三成に人質に取られかけた奥方と栄姫を必死で逃がす善助と太兵衛。九州で挙兵の準備を進める九郎右衛門。そして如水の策を当てて見せる3家臣。官兵衛紀行でも紹介されて、今回は家臣たちをねぎらう回だったといえるでしょうか。

【軍師官兵衛】第48回 「天下動乱」

【軍師官兵衛】第48回 「天下動乱」

姫路城に黒田24騎の説明がありましたが、なかなか実感はわかないものです。今回のドラマで少なくとも栗山善助、母里太兵衛、井上九郎右衛門の人については深く印象に残りました。

如水のプランは中津で挙兵して九州を制圧。毛利主力が留守の中国地方を抑えて出身地播磨でさらに兵を集め、家康か三成か勝った方に戦いを挑むというものだったようですね。京都で敗れた足利尊氏が九州で兵を募り、再び大挙東上した故事を参考にしているのかもしれません。

尊氏のときは後醍醐天皇の建武政府に不満を持つ御家人たちが九州にもたくさんいて、彼らを糾合できたわけですが、今回は家康なり三成なりに不満を持つ人がどの程度いたのか定かではありません。秀吉の統治に不満をもつ層が一定程度いて、成果のなかった朝鮮出兵にも不服であったろうことは予想ができますので、うまく旗印を掲げることができるかが課題となりそうです。

それ以前に大友家再興の旗印を掲げる義統が、三成に領国支配を約束されて豊後に上陸してきました。うまく対応できるかが当面の課題になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 3日 (水)

はやぶさ2

はやぶさ2
はやぶさ2の打ち上げ、無事に成功してなによりです。9日が軌道投入のタイムリミットなのに悪天候のため2回も延期されて心配してましたが、今日は好天だったようでよかったです。

府中のプラネタリウムで、はやぶさ2を扱った番組を見てきました。はやぶさ2のミッションと打ち上げにつかうH2Aロケットの説明が主な内容で、細かい調整ができるが推力が小さい液体燃料ロケットを、微調整は苦手だが推力が大きな固体燃料ロケットで左右からサポートして飛び立つ仕組みがよく分かりました。

そういうつもりで打ち上げの映像を見返してみるのもよさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 2日 (火)

白富士

白富士
今日はよく晴れて富士山が綺麗に見えました。もうすっかり白富士ですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

【今月のうた】『ぎんなん楽団カルテット』他 (2014年)

今月のうたも今日で終わりですね。『山鹿のピアノ』を書いてから、『ぎんなん』や『おつきさま』について書こうと思ってるうち、またまたあっという間に二ヶ月たってしまいました。早すぎますね。

10、11月のこの時期にイチョウは付きものなのですが、『紅葉』はあってもイチョウを扱った曲はなかったように感じます。もみじに比べるとやや地味なためでしょうか。それともぎんなんの臭いのためでしょうか。中生代の裸子植物全盛期からたくましく生き残るイチョウの歌ができたのは喜ばしいです。

曲調はイチョウらしくレトロな雰囲気。昭和初期の歌謡楽団みたいな感じですね。アコーディオンの響きが懐かしいです。「カルテット」「タブレット」「ファルセット」といった軽妙な言葉遊びもたっぱり。ちなみにタブレットには石板の他に錠剤とか一片とかいう意味もあって、薄皮をかぶった大人の味の錠剤といった意味合いで使われているようです。

炒って塩をかけるか茶碗蒸しに入れるか。妙なえぐみがあって子どもの頃は苦手だったんですけどね。だんだん美味しく感じるようになってきました。でも、この曲を見てぎんなん食べてみたいと思った子どもが美味しいと感じるかは保証の限りではありません。ぎんなんもすぐに掃除されて落ちてることも少なくなりました。ぎんなんを踏み踏み学校に通った経験のある大人の歌と言えそうです。

『おつきさまのうた』は繊細なギターがボサノバの調べを奏でるおしゃれで優しい作品です。月をテーマにした作品には『月のワルツ』や『アスタルエゴ』、はたまた『空にはお月さま』、『キャベツUFO』のように異世界に引き込まれるような名作がたくさんあります。

この作品はそういう尖ったところはなく、おつきさまが奏でる優しい子守唄になっています。おつきさまの光につつまれて朝まで眠る花や雲や小鳥や子猫たち。絵柄もパステル調の色合いもホッとできますね。

♪おつきさまの〜ひかり〜が〜

で一瞬用いられるテンションコードが、月光の秘めた力を暗示しますが、それもみなを見守る力として作用しているのでした。


『ぎんなん楽団カルテット』
作詞:中村寛
作曲:中村寛
うた:高橋克実とチャラン・ポ・ランタン
編曲:チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカン
映像:moogabooga

『おつきさまのうた』
作詞:なかじまかおり
作曲:中村善郎
うた:Sinon
映像:アダチマサヒコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »