« 第50回元祖有名駅弁大会 | トップページ | 山のサラダ »

2015年1月20日 (火)

【再放送曲】『自動車になったカメの歌』(1973年)

『自動車になったカメの歌』が42年ぶりに再放送されています。ラジオでは2012年2月の特番で発掘された録音が放送されましたが、その後映像も発掘されてめでたくテレビでの再放送になりました。

♪ ゆかいなカメが考えた
♪ 誰より速くなりたいと


原題はLa tararuga sprint(カメの疾走)で1973年3月のゼッキーノ・ドーロの入賞曲です。ちなみに同じ年に『Io con chi sto?』(『冬の日の子守唄』)、『La sveglia birichina』(『愉快な目ざまし時計』)も入賞しています。3曲の中では先陣を切って73年8月にみんなのうたで紹介されました。さすがは「カメの疾走」ですね!(子守唄は76年、目覚まし時計は74年の紹介でした)

ところで原語では、カメはみんなに追い抜かれてばかりでうんざりして風変わりなエンジニアにタイヤをつけてもらったことになっています。わずか2時間たらずで。ちょっとマッドサイエンティストが改造人間をつくっている風味ですね。こうした少し暗く感じられる部分が訳詞ではゆかいなカメの話にうまく翻案されています。

♪ ブロン ブロン ブロン 森の中を
♪ ブロン ブロン ブロン 走り回る


シマウマよりも速く走るカメというのもシュールな光景です。マーチのリズムに半音進行を取りいれてスピード感と高揚感のあるメロディが心地よいです。堀口さんのアニメーションのカメくんも得意満面ですね。ちなみにこの作品が堀口さんのみんなのうた初登場になります。原語ではVroom vroom vroomなので車のエンジン音は日本もイタリアも同じ表現ですね。森の中を流星のように走るというのも似たような表現ですが、原語ではこのフレーズの最後は「カメの疾走はcalamità(災害)です」となっています。

そうなんですよね。森の中に自動車が現れた、というのは動物たちにとっては災いでしかありません。あのカメが…というのを抜きにしても何か手をうつ必要がでてきます。

♪ 「車に気をつけましょう」と
♪ ライオンがはり紙をした


百獣の王ライオンが交通法規をつくりました。「追い越し禁止」「踏切注意」…。原語ではライオンが立て札を立てさせたことになってますね。「駐車禁止」「徐行せよ」「ハイビーム落とせ」…。こちらの方がカメを規制しようという意図が明確です。

にもかかわらずカメは疾走を続けます。Vroom vroom vroom! せっかく手に入れた便利さ爽快感を、そう簡単には手放せないのでしょう。1973年10月に石油危機が発生する直前、モータリゼーションが進行して交通戦争とか言われていた世相を風刺する意味もあるかもしれません。

♪ しょうとつ七回 けが六回
♪ タイヤはパンクしてしまった


周りの迷惑には無頓着なカメくんでしたが、災いがわが身に降りかかるに及んで事態の深刻さを認識しはじめました。しっぽが取れて青い顔してるシーンは見覚えがあります。カメが自動車になるという奇想天外な設定もさることながら、この結末が印象に残ったのでしょう。ちなみに原語では衝突七回、追突六回の末、歯をすっかりなくしてしまったことになっています。

かくてカメくんはタイヤをあきらめて歩いて帰ることにしました。puf puf puf 。昼も夜も。puf puf puf 。夏も冬も。とぼとぼ歩く姿が記憶に残っていたのですが、今回アニメを見てみると案外表情が晴れやかですね。思い切り森の中を走り回りましたし、自分の判断でタイヤを置いたということで悔いはないのでしょう。近代の便利な暮らしとそれへのアンチテーゼという点で『44ひきのねこ』と似たテイストですね。急がば回れ。原語の歌詞はそんな意味の言葉で締めくくられていました!

原語歌詞
http://www.canzoncine.it/testi/zecchino-doro/la-tartaruga-sprint

原語歌詞の訳は下記参照
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/doyo/1352563885/


『自動車になったカメの歌』
作詞:W.ヴァルディ/A.テスタ、
訳詞:峯陽
作曲:W.ヴァルディ/A.テスタ
うた:田中星児、坂本児童合唱団
編曲:玉木宏樹
動画:堀口忠彦
初回放送:1973年8月

|

« 第50回元祖有名駅弁大会 | トップページ | 山のサラダ »

コメント

原詞を拝見しました。

本来の歌詞では「カメは抜かれてウンザリ」・「変わり者エンジニアに2時間で改造」・「カメが森を走って迷惑」・「衝突し過ぎで歯がとれた」とは!! 「みんなのうた」版しか知らない私にとっては凄い歌詞です。こんなんじゃ「みんなのうた」ではやりづらい、やはり日本語版の通り、「疾走して満足」・「シッポが取れちゃった」がいいです。

投稿: マーチャン3 | 2015年1月20日 (火) 23時57分

そうですね。私も原詞はちょっと過激だと感じました。ゼッキーノ・ドーロから5ヶ月たらずでうまくみんなのうた風にアレンジできたものだと思いますね。エンジニアがカンカンコンコンと原詞を改造してるシーンが思い浮かびました。

投稿: くじょう | 2015年1月21日 (水) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/61001586

この記事へのトラックバック一覧です: 【再放送曲】『自動車になったカメの歌』(1973年):

« 第50回元祖有名駅弁大会 | トップページ | 山のサラダ »