« 単ピラミッドモデル2 | トップページ | 今日の富士山 »

2015年1月 5日 (月)

【再放送曲】『上級生』(1985年)

【再放送曲】『上級生』(1985年)

今月は『上級生』を再放送してますね。1988年だったかの特集みんなのうた「若さがいっぱい」で放送してたのを録画してありますので、個人的にはお馴染みの作品ですが、再放送としてはそれ以来かもしれません。

♪ 方程式で 恋の難問解けるなら
♪ 誰か教えて 私内緒で覚えたい


印象的なフレーズではじまります。恋愛の方程式というのはどんな数式になるんでしょうね。相当複雑な式になりそうな気がしますし、方程式ではなくって不等式になりそうな気もしますが、とりあえず条件を拾ってみると次のようになります。

1 片思いの相手は上級生である
2 ライバルがいて偏差値が高い
3 自分からは好きと言えない

この簡単なヒントから解を妄想してみましょう。上級生なのに接点があるところをみると部活か何かの先輩・後輩なのでしょうか。部活の憧れの先輩なのだとするとライバルが多いのもうなずけます。有力なライバルがいるのに内気で告白できないとなると、とりうる戦略はかなり限られてしまいます。

こちらから言えないなら、相手に言ってもらうしかありません。好きと言わずに好意をもってもらうには、単純接触効果を狙って何度も相手の目に触れる方法が有効そうです。実際、南家さんのアニメではこの女の子は先輩の周りを結構チョロチョロしています。なかなかやりますね。

まあ、ほんとは戦略もなにもドギマギして右往左往してるのでしょうけどね。8ビートを刻む伴奏が心臓のドキドキ感をよく表しています。

♪ ドキドキ ソワソワ
♪ あの人 上級生


この部分の前半には
レファ♯ラド/ファ♯→ソシレ/ファ→ドミソ/ミ→ラドミソ/ド
という分数進行が使われていて、浮遊感とスピード感が表現されています。楽譜みるといろいろ工夫が凝らされていて芸が細かいですね。

動画も罫線の入ったノートや方眼紙を使ってかかれていて、こちらも芸が細かいです。学生時代を思い出しますね。女の子のキャラも「ちょっぴり不安なの」のあたりが特に可愛く描かれていて応援したくなります。最後、先輩の前に姿を現して…どうなったのでしょうか?

『上級生』
作詞:森浩美
作曲:中崎英也
うた:森口博子
編曲:笹路正徳
動画:南家こうじ
初回放送:1985年12月

|

« 単ピラミッドモデル2 | トップページ | 今日の富士山 »

コメント

上級生に恋する可愛らしい乙女心が好印象の歌ですね。
ライバルの偏差値が高くて不安という歌詞が面白いと感じたものです。
僕もこんな風に下級生に憧れて欲しかったなぁ。

投稿: るんるん | 2015年1月 6日 (火) 14時04分

そんな風に思いながらこの作品を見てた元上級生諸氏も多いでしょうね。「偏差値」という言葉がみんなのうたに登場したのは、これが最初で最後だったかもしれません。「方程式」もなかったような…。歌詞のデータベースとかはさすがにないみたいなので確認はできませんが、覚えてる範囲では無い気がします。そういう意味でも印象に残る作品ですね。

投稿: くじょう | 2015年1月 7日 (水) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/60925885

この記事へのトラックバック一覧です: 【再放送曲】『上級生』(1985年):

« 単ピラミッドモデル2 | トップページ | 今日の富士山 »