« 【今月のうた】『つもりヤモリ』他(2015年) | トップページ | 寒い! »

2015年4月 6日 (月)

【未発掘曲】『いずみのほとり』(1961年)

寅三郎さんに『いずみのほとり』の情報を提供いただきました。著作権の関係で水星社の楽譜集には収録されていませんが、楽譜自体は存在するのですね。1961年8、9月の放送で『思い出の「みんなのうた」』では最初から14番目の曲になっています。

♪ 水よ 水よ きれいな水よ
♪ 水よ 水よ きれいな水よ


ゆったりした三拍子のリズムに乗っていずみの水が揺れています。ミファソー ラシドー レドシソ ドーレミー♪ 水を讃える賛美歌のような響きがありますね。

作曲の橋本国彦さんは戦前ウィーンに留学した経歴のあるヴァイオリニストですが、1949年に44歳で他界されています。この曲はそれ以前に作られているはずで、作詞の深尾須磨子さんとのコンビでは1928年に『黴(かび)』や『斑猫(はんみょう)』といった作品が作られてますから、そのころの作品かもしれません。

『黴』はタイトル通りヘビーな大作ですし、『斑猫』は軽妙な中に毒を含んだ作品なのに対し、『いずみのほとり』では秋の景色を映した美しいいずみの水があくまで静かに揺れています。

♪ むかし むかし いずみのほとり
♪ 天使たちが 小ひつじたちと 遊びました


中間部の回想シーンではラシドー ドシラー♪とメロディーが短調に転じ、陰りが現れます。このいずみで昔何があったのでしょうか。歌詞を見る限り、天使が小ひつじと遊んでいるだけですが、西洋の伝統では小ひつじは贖罪のため神に捧げられる動物ですし、「神の小ひつじ(Agnus Dei)」は人間の罪を贖うために犠牲となったイエスを意味します。ここで何かの罪を贖う出来事がおこり、天使たちが犠牲者をなぐさめていたのかもしれません。でもそれも今はむかし…

♪ 水よ 水よ きれいな水よ
♪ 水よ 水よ きれいな水よ


リタルダンド&フェルマータでいにしえの出来事に思いを馳せ、ふと気がつくと目の前には変わらず美しいいずみが水を湛えていました。罪を清め、傷を癒す神の恵みのようなきれいな水。そこに青い空が反射しトンボたちが楽しそうに飛び回っています。前半と同じメロディーながら全然違って聞こえるところが面白いですね。小品ながら奥の深い作品です。

『いずみのほとり』
作詞:深尾須磨子
作曲:橋本国彦
うた:ボニージャックス
編曲:服部公一
映像:実写
初回放送:1961年8月

|

« 【今月のうた】『つもりヤモリ』他(2015年) | トップページ | 寒い! »

コメント

古典的な合唱曲のスタイルを持つ曲だと思います。
深尾、橋本コンビらしい正統派です。
『青い空の歌』の記事で触れておられますが、ノビコフ作曲の同タイトルの曲が存在します。
中学校の音楽の教科書に掲載されていたような記憶があります。
そちらは♪いずみにみずくみにきて むすめらがはなしていた♪という出だしだったと思います。

投稿: るんるん | 2015年4月 8日 (水) 23時55分

ノビコフの曲は「友だちのうた」というタイトルで音楽の時間に習いました。教科書ではなくて産休の代用の先生が楽譜を配ってらしたと記憶しています。

♪ あるとしの夏の海で 僕らは知り合ったのさ
♪ 燃えるような太陽が 二人を友だちにした

♪ いつの日も ほがらかに 元気よく歌おう
♪ 離れていても 心は一つ 僕らはいつも仲間さ

という健康的な歌詞でした。いずみのほとりで若い兵士と娘さんが…では、ちょっとまずいという配慮があったのかもしれませんね。

投稿: くじょう | 2015年4月 9日 (木) 09時14分

ときどき拝見させていただいております。
とてもよい曲です。当時の記憶はないのですが、
2003年から2004年にかけて、ラジオで
初期の楽曲の復元放送があったときに聞きました。
このとき、かなりたくさんの初期の曲が演奏されました。
関心があるようでしたらご連絡下さい。

投稿: みんなのうた愛好者 | 2015年4月10日 (金) 09時46分

「友だちのうた」は64年の放送だったでしょうか、ノビコフの歌詞よりいいなと思った覚えがあります。それにしても、皆さんお詳しいのには圧倒されてしまいます。この「いずみのほとり」が復元放送されたことがあるんですね。初期の曲は何でも聴いてみたいのですが、何か方法があるでしょうか?

投稿: 寅三郎 | 2015年4月10日 (金) 13時52分

みんなのうた愛好者さん

コメントありがとうございます。復元放送というのがあったのですね。青島広志さんが「みんなのコーラス」で初期のみんなのうたを自分で歌ってた話を聞いたことがあります。当時は気がつかなくて残念でしたが、それを聞いてらしたら羨ましいです。また何か情報がありましたらお教えください。よろしくお願いします。

投稿: くじょう | 2015年4月10日 (金) 17時54分

寅三郎さん

「ともだちの歌」、確かに64年8、9月に放送されてますね。ありがとうございます。夏の海が舞台だけあって真夏の放送だったようですね。3番の

♪ 冬が来て春が過ぎたら やがて夏になる
♪ お互いに一年たって 僕らはまた握手する

というところが好きでした。子供時代の1年は長いです。果てしなく長い歳月を経て成長した二人が再会をする…いいですねえ。

復元放送についてもまた調べてみますね。みなさん、お詳しくて教えられることばかりです!

投稿: くじょう | 2015年4月11日 (土) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/61398063

この記事へのトラックバック一覧です: 【未発掘曲】『いずみのほとり』(1961年):

« 【今月のうた】『つもりヤモリ』他(2015年) | トップページ | 寒い! »