« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月29日 (水)

浄土ヶ浜

浄土ヶ浜
浄土ヶ浜でお昼御飯食べました。もう少し遅ければ、着けなかったかもしれません。危ないところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【再放送曲】『はさみとぎ』(1965年、1974年)

【再放送曲】『はさみとぎ』(1965年、1974年)

『アスタ・ルエゴ』と一緒に『はさみとぎ』の1974年版を再放送してますね。1965年版はユーキャンのDVD(第3集)に入ってますし「なつかしのみんなのうた」でも放送してましたが、1974年版は失われてしまっていたようです。今回、発掘プロジェクトの成果として41年ぶりの再放送となりました。

♪ きょうも朝から 口笛吹いて
♪ 陽気なぼくは はさみとぎよ


非常に陽気かつシンプルなメロディーですね。ソドドシラシシ♪ の動機を4回繰り返し、それを2反復して終了です。動機を繰り返す度に最高音がド→シ→ラ→ソと下がっていくのは芸が細かいところで、はさみが段々研ぎ上がっていくのを表しているようです。

65年版も74年版も友竹さんと杉並児童合唱団のうたですが、74年版のオープニングの口笛には少しタメがあります。どなたが口笛を吹いてらっしゃるんでしょうかね。

映像も同じく久里さんの担当ですが、65年版は白黒、74年版はカラーでアニメーション技術の進歩を受けた映像のリメイクが主な目的だったのかもしれません。相違点をあげてみましょう。

・主人公のはさみとぎ屋さんは65年版はふとっちょで74年版はやせ気味
・65年版では最初は店舗で回転砥石を回し、5番の街から街へ♪になって手押し車で移動を始める。74年版は最初から手押し車で登場。店舗を構えていないようだ。
・65年版では回転砥石の側面ではさみを研いでいるが、74年版では円周面で研いでいる。
・手押し車に傘がついてはさみが吊るしてあるのは共通。74年版の傘に「はさみ」と書いてあるのが印象的。これはなんとなく記憶にある。
・植木を切ると切った先が天に昇っていくのは共通。久里さんが好きそうな表現。

映像技術を除けば、店舗メインか手押し車メインかが主な違いで、店舗メインの主人公がふとっちょで手押し車メインの主人公がやせ気味なのは運動量の違いなのでしょう。実際、scissors grinderで画像検索してみるとやせてる人が目に付きます。

【再放送曲】『はさみとぎ』(1965年、1974年)

74年2-3月のテキストには「西洋はさみをとぐのに使う、といし、はこちらのと違います。それをうっかりまちがえて、失敗したこともありました」という注釈が載っています。テレビを見てくださいとことですが、65年版と74年版では回転砥石自体に違いがあるようには見えません。違うのは研ぎ方で、側面研ぎから円周面研ぎが修正事項だったようですね。

♪ 大きなはさみ 小さなはさみ
♪ 床屋のはさみ 植木ばさみ


「ハサミ研ぎ」で検索すると理容師や美容師用ハサミや剪定バサミ、医療用ハサミなどを研ぐ職人さんの広告が沢山出てきます。一般消費者がはさみを研ぎに出すことは今ではまずない気がしますが、業務用ハサミの分野では現在でもハサミ研ぎは重要なお仕事なんですね。

原曲はイタリア民謡となっていますが、原曲についての情報はほとんどみつかりませんでした。「世界の民謡・童謡 はさみとぎ 」によると、原曲については「その存在が疑われるほどに情報が得られない」ということです。確かに「はさみとぎ」をイタリア語に翻訳して「Il macinino di forbici」で検索してもそれらしき歌は出てきません。

その代わり、上記サイトには『The Scissors Grinder』という英語の歌が紹介されています。聴いてみるとこれはまさしく『はさみとぎ』そのものでした。この曲は1958年の作品で一部にイタリア語の歌詞が使われています。この『The Scissors Grinder』が「イタリア民謡」と誤解されて1965年版の『はさみとぎ』になったのではないか、というのが上記サイトの見立てですが、そんな気もしますね。

♪ さあさどしどし まかせておくれ
♪ お金はあとだ しごとがさきだ!


6番までの歌詞のうち2番、4番、6番と半分まではこのセリフで終わっています。この主人公の決め台詞でありキャッチフレーズですが、後払いでいいと言ってるだけのセリフをなぜこんなにドヤ顔で繰り返すのか、昔から疑問でした。当時はそんなに前払いで仕事をする人が多かったのでしょうか? 原歌詞を探していたのはこの謎を解くためでもあったのですが、『The Scissors Grinder』には次のような一節があるそうです。

I know you have no lira
but bring your scissors to me
Today you may have nothing
tomorrow you can pay !


リラがなくてもはさみを持っといで。今日は何もなくても明日は払えるんだから、といった意味でしょうか。これは凄いですね! はさみが切れるようにようになったら、それで稼いでそれからお代を払ってくれればいいと言ってる訳ですから。ここまでお客を信じて太っ腹だとドヤ顔なのも納得です。みんなニコニコしてるのも分かりますね。


『はさみとぎ』(1965年版)
作詞:中山知子
作曲:イタリア民謡
うた:友竹正則、杉並児童合唱団
編曲:小森昭宏
動画:久里洋二
初回放送:1965年4月、5月

『はさみとぎ』(1974年版)
作詞:中山知子
作曲:イタリア民謡
うた:友竹正則、杉並児童合唱団
編曲:小森昭宏
動画:久里洋二
初回放送:1974年2月、3月

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月28日 (火)

昭和記念公園

昭和記念公園

今日もいい天気でした。今年はネモフィラを植えてるんですね、昭和記念公園。チューリップもまだまだ綺麗でした。

昭和記念公園

レンゲを見るのも久しぶりです。

昭和記念公園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月26日 (日)

今日の多摩川

今日の多摩川
一日中青空で河原でゴロゴロ日和でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

焼肉

焼肉
焼肉
特選和牛というのを頼んでみました。キムチ盛り合わせともども大変美味しかったです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

マックの宅配

マックの宅配
マクドナルドの宅配のチラシが入ってました。家族層中心に新規需要の獲得を目指していろいろやってるようですね。宅配は手間隙がかかるので、プラスになるかはお手並み拝見です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

低気圧通過

低気圧通過
今日は久しぶりに晴れたのですが、午後は小規模な低気圧が通過して強風が吹いてました。夕方は雲に夕日が映えてドラマチックな光景に。春らしい天気とはいえませんが、これもこれでよいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

【再放送曲】『アスタ・ルエゴ ~さよなら月の猫~』(1977年)

【再放送曲】『アスタ・ルエゴ ~さよなら月の猫~』(1977年)

今月は『アスタ・ルエゴ』を再放送しています。中2のときの曲ですが、実に衝撃的な作品でした。研ナオコさんの歌唱と猫の首がコロコロ転がったり、あくびした男の子の顔が裏返ったりする福島アニメに度肝を抜かれたのを昨日のように思い出します。

最近も2011年の70年代セレクションで放送してましたし、ユーキャンのDVDにも入ってますので、めちゃくちゃ懐かしいという感じではありません。それでもイントロを聞くと中学生時代に帰った気分になれますね。

♪ アスタ・ルエゴ さよなら月の猫
♪ アスタ・ルエゴ また会う日まで


アスタ・ルエゴ(Hasta Luego)はスペイン語で「さよなら」の意味です。英語だと see you soon になるそうなので、永遠の別れというより「それじゃ また」ぐらいのニュアンスでしょうか。

とはいえ相手は突然舞い降りた月の猫です。本当にまた会える保証はないでしょう。もう会えないかもしれないと思いつつ、あえて「それじゃ また」と呼びかけるところが切ないですね。原曲の仏語歌詞では「アスタ・ルエゴ 神が望むなら」となっています(http://lyricstranslate.com/en/hasta-luego-see-you-soon.html 英訳つき)。巡り合う運命ならば、また会おう。そんな意味合いかもしれません。

♪ 月の雫 まき散らし
♪ 銀河色の クシャミした


銀河色のクシャミってどんなクシャミなんでしょうね。作詞の加藤直さんは1977年のテキストに、月の猫との出会いをこう書いてらっしゃいます。

「ずーっと以前、一度だけ、月の猫の訪問をうけたことがあるー、と今でも信じている。」

月のものすごく青く光る夜、窓を叩いて飛び込んできた月の猫。一人孤独な夜を過ごしてきた「ボク」は意気投合して、月を見ながら大笑い。いつしか一人と一匹は踊り狂って大の仲良しになっていた…

「あんな淋しい夜が、あんなに楽しい想い出になるなんてー。」

福島さんは、この奇妙で楽しい出会いを見事に映像にされています。このアニメーション、今回の再放送とDVDや70年代セレクションとで違っているという指摘がネットにありましたので確認してみました。確かにだいぶ違いますね。DVD版とセレクション版は多分同じものですが、今回の再放送版の方が多少色使いが暗めになっています。その他、次の点が違っています。

・「うかれたご機嫌猫」のバックが違う。再放送の方がよりサイケデリック。
・二回目の「月の雫まき散らし」でDVD版では猫が虹色になるが、再放送版は星雲(?)模様になっている。
・「音のない夢を見た」で男の子の顔が裏返る前、再放送版では猫もあくびをしている。再放送版では部屋の床が宇宙風。壁紙の色が違い模様の丸の数も再放送版が多い。
・間奏の「猫の首コロコロ」のあと、再放送版では首が何回かバウンドしたあとビヨヨーンとなって、猫が目を回している。
・三回目の「月の雫まき散らし」での猫の模様も違う。
・二回目の「音のない夢を見た」でDVD版は少年と猫が順に互い違いに横になるのに対して、再放送版は少年と猫がラジオ体操風に反動をつけて一緒に飛び上がり、そのまま同じ向きに横になる。
・ラストの空の色と建物の色が違う。

総じて再放送版の方が手の込んだつくりになっていて、おそらくDVD版が先で再放送版があとの作品なのでしょう。途中で変更になったのか、あるいは『ドラキュラのうた』みたいに再放送時(1980年と1983年)に手直しされたのかもしれません。いずれにしても単なる手直しの域を越えて作り直すぐらいの勢いで、福島さんの意気込みとこの作品への思い入れが感じられますね。

♪ アスタ・ルエゴ さよなら月の猫
♪ アスタ・ルエゴ また会う日まで

原曲はフランスの歌手ユーグ・オーフレイが唄って大ヒットした『Hasta Luego』です。「Hasta Luego 、Hugues Aufray」で検索すると動画を見ることができます。ラテン風のパンチの効いた歌唱ですね。夜の子供達を去らせ、忘却の強風を見つけよ。原曲には月の猫は登場しません。力強く青春との訣別を告げるうたが、加藤さんと福島さんの手で少年の日の一期一会の出会いを愛おしむ作品に生まれ変わりました。

『アスタ・ルエゴ ~さよなら月の猫~』
うた:研ナオコ
作詞:加藤直
作曲:クロード・モルガン
編曲:所太郎
映像:福島治
初回放送:1977年2月、3月

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

寒い!

寒い!
今日は寒いですね。11時時点で1.8度で雪がちらついてます。月曜は24度まで上がってたのが嘘みたいですね。天気図は北高型ではありますが、そんなに寒そうな冬型ではないのですが…。ともあれ風邪ひかないように気をつけないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 6日 (月)

【未発掘曲】『いずみのほとり』(1961年)

寅三郎さんに『いずみのほとり』の情報を提供いただきました。著作権の関係で水星社の楽譜集には収録されていませんが、楽譜自体は存在するのですね。1961年8、9月の放送で『思い出の「みんなのうた」』では最初から14番目の曲になっています。

♪ 水よ 水よ きれいな水よ
♪ 水よ 水よ きれいな水よ


ゆったりした三拍子のリズムに乗っていずみの水が揺れています。ミファソー ラシドー レドシソ ドーレミー♪ 水を讃える賛美歌のような響きがありますね。

作曲の橋本国彦さんは戦前ウィーンに留学した経歴のあるヴァイオリニストですが、1949年に44歳で他界されています。この曲はそれ以前に作られているはずで、作詞の深尾須磨子さんとのコンビでは1928年に『黴(かび)』や『斑猫(はんみょう)』といった作品が作られてますから、そのころの作品かもしれません。

『黴』はタイトル通りヘビーな大作ですし、『斑猫』は軽妙な中に毒を含んだ作品なのに対し、『いずみのほとり』では秋の景色を映した美しいいずみの水があくまで静かに揺れています。

♪ むかし むかし いずみのほとり
♪ 天使たちが 小ひつじたちと 遊びました


中間部の回想シーンではラシドー ドシラー♪とメロディーが短調に転じ、陰りが現れます。このいずみで昔何があったのでしょうか。歌詞を見る限り、天使が小ひつじと遊んでいるだけですが、西洋の伝統では小ひつじは贖罪のため神に捧げられる動物ですし、「神の小ひつじ(Agnus Dei)」は人間の罪を贖うために犠牲となったイエスを意味します。ここで何かの罪を贖う出来事がおこり、天使たちが犠牲者をなぐさめていたのかもしれません。でもそれも今はむかし…

♪ 水よ 水よ きれいな水よ
♪ 水よ 水よ きれいな水よ


リタルダンド&フェルマータでいにしえの出来事に思いを馳せ、ふと気がつくと目の前には変わらず美しいいずみが水を湛えていました。罪を清め、傷を癒す神の恵みのようなきれいな水。そこに青い空が反射しトンボたちが楽しそうに飛び回っています。前半と同じメロディーながら全然違って聞こえるところが面白いですね。小品ながら奥の深い作品です。

『いずみのほとり』
作詞:深尾須磨子
作曲:橋本国彦
うた:ボニージャックス
編曲:服部公一
映像:実写
初回放送:1961年8月

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年4月 4日 (土)

【今月のうた】『つもりヤモリ』他(2015年)



4月になりました。新年度早々、耳の痛いうたが流れていますね。

♪ つもりヤモリ つもりヤモリ
♪ みんなの「つもり」を食べるのさ


知ってる「つもり」に見た「つもり」。やってる「つもり」にした「つもり」。ちょっとだけしてできた「つもり」になってることが世の中には沢山あります。そんな「つもり」を食べてくれるのがつもりヤモリです。

ネットで読んで知ってる「つもり」、テレビを眺めて見た「つもり」。世の中から「つもり」がなくなれば、自分で足を運んで見たり聞いたりしないといけません。全部が全部、現場にいくのは無理ですが、全部バーチャルで済ませるのではなくて、いくつかは生の体験を持つようにしたいものです。

調べた「つもり」、書いた「つもり」。ブログ用にちょっと調べたままになってることも沢山あります。これもちゃんと書かないといけませんね。『OK食堂』で親父ギャグ満載定食を食べて頑張りましょうか。

『つもりヤモリ』
作詞:下地悠、Jam9、小林照弘
作曲:Jam9、家原正樹
うた:田中真弓
キャラクター:小林照弘、
映像:神谷圭介

『OK食堂』
作詞:もりちよこ
作曲:佐瀬寿一
うた:ガッツ石松&ポカスカジャン
アニメ:青木純
初回放送:2015年4月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 2日 (木)

神代植物公園

神代植物公園
神代植物公園
よく晴れて桜が満開でした。明日から天気が下り坂なので今シーズン最後のお花見になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »