« 江戸東京たてもの園 | トップページ | 旧岩淵水門 »

2016年1月31日 (日)

【発掘曲】『地球を七回半まわれ』(1973年版)

『地球を七回半まわれ』のアニメーションバージョンがお楽しみ枠で放送されてましたね。1965年の実写版はDVDに入ってるので、それで見ることができましたが、1973年のアニメーションバージョンは存在すら知りませんでした。65年バージョンもリアルタイムでは聴いてないはずなので、多分「おかあさんといっしょ」で聴いて、それで覚えているのでしょう。

♪ 車がくる 車がくる
♪ くるくる くるっと
♪ 高速道路


「くる」と「くるくる」をかける言葉遊びで始まります。二番では「カー」と「カーブ」、三番では「ゴー」(行く)と「ごうごう」(エンジン音)がかけてあって坂田さんの遊び心が感じられますね。実写版では高速道路かと思いきやゴーカートの映像から始まって、こちらも遊び心満載です。

アニメーションではどうかと見ていると、イントロこそ自転車のシーンで始まりますが、すぐに虹色のタイヤ(?)が回り始め、車のヘッドライトが近づいてくるとみるや、流線型の白い車が風を切って走りはじめます。これはこれで爽快ですね。

♪ だれの自動車か
♪ 知らないけれど
♪ 虹の光に のっかって


ここはメロディもB♭からD♭に短三度転調して疾走感と浮遊感を演出しています。女性を二人乗せた車も虹の光の上を疾走していきました。この女性のキャラクター、見たことがあるような気がしますが思い出せません。

アニメーションはマキノプロの担当でこの曲と『雪はのんのん』他計4曲をみんなのうたでは制作されています。マキノプロというのは漫画家の牧野圭一さんが主催されていたプロダクションだそうですね。牧野さんは「アンデルセン物語」のキャラクター原案もつくってらっしゃるそうで、多少テイストは似ています。また手塚治虫さんとも親交があったあったそうで、その縁か1975年には手塚キャラが登場する「地球を七回半まわれ」がポンキッキで放送されました。このポンキッキ版についてはYUAさんがブログで詳しく紹介してらっしゃいます。

マキノ版では二番で風見鶏バージョン、三番でライオンバージョンやペガサスのような車が登場します。間奏では世界の景色をバックにいろんな車が出てきて、ちょっとチキチキマシン猛レースみたいですね。越部さんは1967年に「マッハGoGoGo」の主題歌をつくってらっしゃいますし、この時代は車が人気だったんだなあと改めて思い出しました。


『地球を七回半まわれ』(1973年版)
うた:宍倉正信、杉並児童合唱団
作詞:阪田寛夫
作曲:越部信義
動画:マキノプロ
初回放送:1973年2、3月

|

« 江戸東京たてもの園 | トップページ | 旧岩淵水門 »

コメント

再三述べてる様に、私にとってはこちらの方が先でした。しかしその後は、元祖版が放送され、リバイバル版はもう見られないのかと思ってた矢先、発掘プロジェクトによって映像が来ました。良かったですな。

主人公ペアの車を筆頭に、イントロや間奏部に登場する自転車と車、そしてドライバーたちのユーモラスさが久々に拝見出来るとは感激です。

投稿: マーチャン3 | 2016年2月 1日 (月) 11時05分

アニメバージョンが発掘されてよかったですね。自分がリアルタイムで見ていたものがもう一度見られるのはやはり格別です。女の子たちの顔に車窓の光がパーっとさすシーンとか細かいところまでうまくできてるアニメーションで、楽しく見ることができました。

投稿: くじょう | 2016年2月 1日 (月) 22時36分

宍倉正信さんが大好きです。
甘い歌声が魅力でした。
「歌のメリーゴーラウンド」に出演していた当時の東京マイスタージンガーの皆さんはどなたも素晴らしい歌声を披露してくれました。
なかでも宍倉さんのバリトンは美声でした。
この曲は特に印象深いですね。

投稿: るんるん | 2016年7月28日 (木) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/63148940

この記事へのトラックバック一覧です: 【発掘曲】『地球を七回半まわれ』(1973年版):

» 地球を七回半まわれ [平吉毅州ファンブログ【YUAの心】]
画像提供:舎人はぐる さん 昨日、書いたように 阪田寛夫氏 の 作詞した歌で、1番好きな歌は 『地球を七回半まわれ』 です。理由は… よく分か りません。私は車の運転は好きではないし…ノリのいい歌よりは、バラードのほうが歌うのは得意だし。 結局、理由などがない 「好き」 が 本当の好き ではないかと。 だた、この歌といい 『街』 といい、 『中央フリーウェイ』 といい、高速道路が出てくる歌はどれも好きかもしれませんね。でも、高速をはしるのはとても苦手な..... [続きを読む]

受信: 2016年2月25日 (木) 15時30分

« 江戸東京たてもの園 | トップページ | 旧岩淵水門 »