« 長崎鼻と開聞岳 | トップページ | 熊本城 »

2017年3月11日 (土)

いさぶろう・しんぺい号



3日の日は熊本から吉松までいさぶろう・しんぺい号に乗りました。3時間ほどの旅ですが、駅に止まるたびに外に出て写真を撮ったり駅弁を買ったり鐘を鳴らしたりしてるので、結構あっという間でした。



内装はこんな感じで木のしつらえが落ち着きます。JR九州はこんな車両がおおいですね。



肥薩線は日露戦争の前に海からの攻撃を避けるために、内陸に敷設された経緯あるそうです。スイッチバック2回とループ線で肥後と薩摩の国境を越えていきます。蒸気機関車の頃はさぞ大変だったでしょうね。今では絶景路線として人気で、特に矢岳と真幸の間は日本三大車窓の一つとして知られています。ちょっと春霞がかかってましたが、十分雄大な景色を楽しめました!

|

« 長崎鼻と開聞岳 | トップページ | 熊本城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/65001663

この記事へのトラックバック一覧です: いさぶろう・しんぺい号:

« 長崎鼻と開聞岳 | トップページ | 熊本城 »