« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月26日 (水)

井出さん(山川さん)お疲れ様でした

『北風小僧の寒太郎』や『ありがとう さようなら』を作詞された井出隆夫さん(山川啓介さん)がお亡くなりになられたと報じられていました。72歳ということで、まだお若いのに残念なことです。

「みんなのうた」には井出隆夫さん名義で6曲、山川啓介さん名義で13曲を作詞されています。『天使の羽のマーチ』、『ペルシャの子守歌』『みずうみ』といった普段から口ずさんでいる、お馴染みの曲がほんとに多いですね。長いこと大変お世話になりました。ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

涼しい

梅雨前線が南に下がったようで、朝方雨が降って涼しくなりました。13時現在で24度ですね。だいぶ身体が楽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【再放送曲】『雨のちスペシャル』(1997年)



13年ぶりに再放送してますね。初回放送からは20年になります。早いものですね。ロングバージョンが始まった年、自分が東京に来た年、に放送していました。再放送は98年、01年、04年、17年の4回でいずれも6-7月です。梅雨の曲なので初回放送もてっきり6-7月かと思っていたのですが、初回は10-11月なんですよね。制作が難航していたという話がありますので(http://10caratlove.blog.fc2.com/blog-entry-64.html)、6-7月放送予定だったものが10-11月にずれこんだのかもしれません。

♪ “ぜったいに 晴れるって" 天気予報
♪ ひとり とっておき おまじない


アンニュイなイントロの旋律。メジャーセブンスとマイナーナインスの交互するピア伴が雨だれの調べを奏でています。大井文雄さんのCG動画が描くコーヒーカップのさざ波やニュートンの揺りかごのカチカチとした動きも雨を暗示しています。鏡の中に映し出された外の実写風景もやっぱり雨…。晴れるはずの休日だったのに…。ありがちですが残念な週末ですね。

♪ “ま いっか" 青空を あきらめて
♪ あくびして のびして のんびり


でも、降ってるものは仕方ありません。雨にしかできないお楽しみを探しにいきましょう。街も草木も雨に洗われてリフレッシュしています。カラフルな傘の花も綺麗ですね。

このパラグラフの♪ なみだ、怖がらずに…という歌詞からは、人生の苦難に立ち向かうニュアンスも感じられます。英語の rainy day は「まさかのとき」という意味があります。物事が順調に進んでいたはずなのに、まさかこんなことになろうとは…。そんなときにこう言えるといいですね。

♪ 雨の中 出かけてみよう!

ここから間奏にかけて、リズムも伴奏も盛り上がって気分が浮き浮きしてきます。ここの部分は好きですね。実写の映像も次々切り替わって高揚感があります。待っているだけじゃつかめないものが見つかったでしょうか。

間奏が終わってまた部屋の中のCGに戻ります。この作品は基本的に外の風景=心象風景が実写映像で、部屋の中の風景=現実がCGで表現されているのが面白いですね。逆になりそうな所を、この構成にしたのは大井さんの卓見といえるでしょう。

♪ 晴れたら 靴をはきかえよう
♪ 電車に乗って ゆられてみよう


雨を受け入れて、元気を取り戻すことで晴れのイメージがより鮮明になってきます。調性も半音上がって♭一つのFdurから♯六つのF#durになり音の響きも、それから今回楽譜を見て気づいたのですが、楽譜の見た目もキラキラ感が増してきます。

このコーダの部分では地平線から水平線、さらには宇宙まで一気に視界が広がり、海賊からお宝を奪ったり宇宙船で水着着たりと縦横に想像力の翼が広がっていくのが爽快ですね。ロングバージョンながら長さを感じさせない、雨の日にスペシャルな楽しみを与えてくれる作品です。

『雨のちスペシャル』
作詞:國府田マリ子
作曲:松原みき
うた:國府田マリ子
編曲:西脇辰弥
映像:大井文雄(プラス実写)
初回放送:1997年10-11月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

アモーレ 大人コンサート

杉並児童合唱団のOG、OBの皆さんがやってらっしゃるアモーレのコンサートに行って来ました。今年で創立9周年ということですが、コンサートに行くのは初めてです。



「真面目な大人コンサート」と銘打ってありまして、普段は真面目ではないのかもしれませんが、昨日のコンサートはとても真面目でかつ楽しいものでした。

最初のステージはヨハンシュトラウス歌曲集で大変真面目に歌ってらっしゃいました。「美しき青きドナウ」が迫力満点です。第2部が『くるみ割り人形』。フレンドメンバーの皆さんを加えてとても動きのあるステージです。「お菓子の国」ではピエロが登場して客席にお菓子をまきはじめました。投げる真似かと思ったらほんとにまくのでちょっとビックリです。幸い目の前に飛んできたので一つキャッチしました。



チョコ大福という柔らかいお菓子で当たっても痛くないようなチョイスがありがたいです。

第2部の後半は「昭和歌謡メドレー」でした。司会のアナウンサーの方もおっしゃってましたが、なぜにチャイコのあとに昭和歌謡?という疑問もなしとはしないながら、ステージ狭しと歌い踊る宝塚のようなステージは大変楽しかったです。嘉門達夫の「替え歌メドレー」の元曲もいくつかあったりして、そういえば本当はこんな歌詞だったんだと思ったり。最後は和田アキ子さんのそっくりさん?も登場したりと、はっちゃけ感満載のステージでした。

第3部は大人ポピュラーということで、こちらも「オーシャンゼリゼ」や「追憶」など有名曲が目白押しです。じっくり歌を聴かせる曲と動きのある曲が取り合わされて、バラエティに富んでいます。歌ばかりもいいものですが、心地よく眠りに落ちてしまう恐れもあるので、時々動きがあるとリフレッシュできますね。最後は「ラプソディー イン ブルー」。アモーレジュニアの皆さんの切れ味鋭いダンスが加わって見応え聴きごたえがありました。

アンコールは「マイ ウェイ」でした。西六郷だと「川っぷち」ですが杉並ではこの曲なんですね。それぞれ、歴史の感じられる曲でいいものです。どうも、お疲れ様でした。来年の10周年コンサートも是非聴かせてほしいものです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

新東京丸



土曜日ですが、東京都の視察船、新東京丸に乗ってきました。毎土曜日の午前と午後に1回ずつ出ていて、90分ほどでお台場や新海面処分場を1周してきます。

結構埠頭の説明が詳しくて面白かったです。数日荷物を収める倉庫と比較的長期間預かる倉庫、預かりつつ材料を加工する工場兼用倉庫などがあるようです。



レインボーブリッジやゲートブリッジもくぐるのでなかなか楽しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

内視鏡検査

先日健康診断でひっかかって胃の内視鏡検査を受けてきました。麻酔かけてみてもらうタイプのをお願いしたので、爆睡している間に終了。所要時間は30分たらずだったと思いますが、1時間ほどは寝てたようです。

結果は3mmほどの良性のポリープで治療の必要はないということでした。一安心ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »