« ミツマタ | トップページ | 春分の雪 »

2018年3月20日 (火)

大きくなった!



みんなのうたのテキストを買ってきました。書棚に置いてあるのを見たときにちょっと変だなと思ったのですが、後からよく見てびっくりです。大きくなっているのです!

先月までは左のようにB5判だったのですが、2018年4、5月号からはA4判になっていたのでした。1969年4月にそれ以前のB6判からB5判に変わって以来の実に49年ぶりの判型変更です。いやいや意表を突かれました。

どうせなら来年変更すれば50年ぶりで切りが良かったのですが、多分これまでにも大きくして欲しいという要望が寄せられていたのでしょう。楽譜は大きくなってずいぶん見やすくなったと思います。楽譜見ながらピアノ弾いたりするには、このサイズが見やすいのでしょう。

本文の文字も合わせて大きくなって読みやすくなっています。もしかしたら、みんなのうたファンの高齢化対策なのかもしれません。ページ数は72ページで変更無しですが、判型が大きくなった分、お値段は税込391円から税込540円に跳ね上がっています。500円越えるとずいぶん高く感じますね。子供が買う対象ではなくなってきてるのかもしれません。

|

« ミツマタ | トップページ | 春分の雪 »

コメント

テキスト買いましたが、こんなになるとは思いませんでした。

1974年12月(「北風小僧の寒太郎」初登場)に始めて買って以来、値段・紹介曲などの様々な変更はありましたが、大きさまで変更とは!! 確かに楽譜も大きくなりました。でも1年たっても、相変わらず「ラジオ再放送曲」は楽譜無しです。

値段が540円(500+税)とは、ワンコイン(現在の)でも買えません。せめて税込みで500円にしてほしかった。

そして再放送曲も、興味あるのは「水辺の春」程度。「あくびのむこうにとびだそう」と「ぼくらは三つ子の男の子」は「発掘SP」放送ですが、初めてラジオだけ。また「誰も知らない」は初のアニメ映像楽曲ですが、これもラジオだけです。せめて和田誠のアニメが見たいです。

投稿: マーチャン4 | 2018年3月20日 (火) 22時42分

マーチャン4さん

ほんとにびっくりしましたね。全く予想外のことで、大きくなったテキストをまじまじと眺めてしまいました。他の本と合わせて買ったので、値段の変更はしばらく気づかなかったのですが、あとで500円越えとしって2度びっくりです。1974年度のテキストは120円でしたから4倍以上ですね。当時は28ページで楽譜と歌詞の他は作者のコメントが一言載っている程度だったのに比べると、今はインタビューやら視聴者の感想やらいろいろ載って72ページのボリュームなので仕方ないとは言えますが、子供にも買いやすい値段に抑えて欲しかった気がします。

投稿: くじょう | 2018年3月21日 (水) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/66516141

この記事へのトラックバック一覧です: 大きくなった!:

« ミツマタ | トップページ | 春分の雪 »