« 青富士 | トップページ | 彼岸花 »

2020年9月 9日 (水)

【今月のうた】『キミと歯のうた』(2020年)

公式HPの全曲数が1527になってますので、HPの掲載順ではこの曲は1525曲目になるのでしょう。みんなのうた1525曲の歴史の中で、おそらく「歯」をテーマにしたうたは初めてだと思います。虫歯のうた(『虫歯のこどもの誕生日』1978年)はあったんですけどね。ありそうでなかったうたと言えるでしょう。

 ♪ 僕たちをもっと使ってよ
  ……
 ♪ 僕たち歯っていうんだよ

食べるのが大好きだけど、あんまりよく噛まない君。そんな君のことを気づかう20本の乳歯たちが主人公です。そういえば乳歯って20本だったんですね。永久歯が親知らずを入れて32本、入れなくても28本なのに比べるとだいぶ少ないです。まあ、子供の口は小さいので20本あれば十分なのかもしれません。

この20本の乳歯たちが君を取り巻いて、支えているシーンも新鮮ですね。それぞれの歯たちの姿も前歯あり犬歯あり奥歯ありと多士済々で、RPGのパーティーのようでもあります。2つの歯根が足になってたり、なかなか凝った造型です。

 ♪ 20本のうちの1本が
 ♪ 君の口から飛び出した

ここまで君の成長を支えてきたパーティーとお別れするときがやってきました。そう生え変わりです。最初にきいたときは「そうきたか」と思いましたね。考えてみれば、結構感動的なお話です。君の成長を楽しみに頑張ってきた乳歯たちは、君が大人になる前にサヨナラしてしまうのですから…

乳歯は大体前から順に生え変わっていくそうですから、20本目の僕は奥歯だったのでしょう。好きな子ができる頃には「子供の歯」とはお別れです。ポケットに入れた「僕」をどうしたのか気になりますね。私が子供のころは抜けた歯を屋根の上に放り投げたものです。下の歯は屋根の上、上の歯は床下に投げると丈夫な歯が生えてくると言われていて、「生まれ変わってこーい」といって投げたりしました。今の子はどうしているのでしょう。

 ♪ 新しい歯の1本に
 ♪ あとは任せたと伝えたから

あとは32本の永久歯の出番です。ゴルゴ13みたいな永久歯の姿には度肝を抜かれましたね。あんな超A級スナイパーたちに守られていれば安心です。虫歯にさえ気をつけていればですが。

実はこのうたを最初に聴いたとき、ちょうど虫歯が痛んでよく物が噛めなかったんですよね。「僕たちをもっと使ってよ」と言われても使えない〜、とか思いながら、ゴルゴたちを粗末に扱ってきた愚かさが身に染みたというか、歯に染みた夏のうたになりました。

『キミと歯のうた』
作詞:平山カンタロウ
作曲:平山カンタロウ
編曲:Shinpei
うた:平山カンタロウ
映像アニメ:坂井 真(白組)
初回放送:2020年8、9月
みんなのうた番号:1525

 

|

« 青富士 | トップページ | 彼岸花 »

コメント

アニメーションの子供が最初にカレーを食べてむせて泣き出していた。

投稿: うい | 2020年9月13日 (日) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青富士 | トップページ | 彼岸花 »