« 真っ白 | トップページ | 暖かい »

2021年3月14日 (日)

そして「みんなのうた」は生まれた #4 メトロポリタン美術館

特番第4弾は『メトロポリタン美術館』(1984)でした。番組中でも「トラウマソング」と呼ばれてましたし、熱中スタジアムの時も「怖い歌」として扱われていましたが、自分は特に怖いとは思わなかったんですよね。まあ、すでに大学生だったのもありますが。唯一、天使の像が「君の服を貸してくれる?」といいながらずずい!と迫ってくるところは怖いですけど。あそこはライティングが左後方から暖色系に切り替わるので、まだそこまででもないですが、あれが下から照らされていたら怖いでしょうね。

大貫妙子さんが、ナポリタンからメトロポリタンを着想したという話は前にもどこかで聞いたことがあります。ナポリタンは最近見なくなりましたね。昔はどこの喫茶店に入ってもメニューにあったものですが。久しぶりに食べたくなって、近くの店を検索しちゃいました。で、メトロポリタンつながりで「クローディアの秘密」を参考にしたという話を大貫さんがされるのは、初めて聞いたかもしれません。まあ、女の子(クローディア)が弟とバイオリンのケースとトランペットのケースをトランク代わりにしてメトロポリタン美術館に潜入する話なので、元ネタの一つなのは間違いない所ではありますが。

前、読んだときの記憶ではダビンチの絵の秘密を探るために、メトロポリタン以外にもあちこち探検に出かけるお話だったと思います。その辺は歌の方では割愛されていますし、弟も出てこないのですが、メトロポリタン美術館に忍び込んで夜を明かす印象的なシーンは確かに歌に反映されていますね。

岡本忠成さんが、ガラスの上に人形を置いてクレイアニメの撮影をされた話は、熱中スタジアムのときにも伺いました。ただ、撮影で使われた人形の実物が現在国立映画アーカイブで展示されているとは知りませんでした! 番組内では2020年に展示されていましたと言ってましたが、調べてみると2020.12.19-2021.3.28まで「川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020」の企画展示として展示中とわかりました。3月28日までなので、これは是非見に行かなければなりませんね。この番組を見た人がたくさん見に来ているかもしれません。密にならないように見てこようと思います。

|

« 真っ白 | トップページ | 暖かい »

コメント

私もトラウマなんて感じたことはなかったです(小学生
どちらかといえば風ぐるまとかオランダガンの方が怖い雰囲気を感じます
あと、さとうきび畑のが歌詞の内容的にも・・・

投稿: OSAKANA TARO | 2021年3月22日 (月) 10時57分

OSAKANA TAROさん

コメントありがとうございます。確かに『風ぐるま』の絵柄は怖いかもしれないですね。『オランガタン』は楽しげな絵ですが、オランウータンの牙がちょっと怖いかも…。『さとうきび畑』ロングバージョンのラストで基地のフェンスが浮かび上がるシーンはかなりゾッとするものを感じましたね。ちなみに、私が一番怖く感じたのは『空に小鳥がいなくなった日』でした。熱中スタジアムのフリップにも書いたのですが、知ってる人が多分少なくて没になってしまいました。

投稿: くじょう | 2021年3月25日 (木) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真っ白 | トップページ | 暖かい »