« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月29日 (月)

【再放送曲】『以心伝心しよう』(1993年)

『以心伝心しよう』が再放送されてますね。Wikipediaによると8回目の再放送になるようで、人気曲の一つと言えるでしょう。初回放送が1993年6~7月なので30年と半年が経ったことになりますね。早いものです。

 ♪ 以心伝心しよう! 心を開いて
 ♪ あなたは心のアンテナを立てて受け止めて Lovin you

ミファソドシラソーレファミーという、伸びやかなメロディーラインが印象的です。ファラドミのメジャーセブンスコードに乗っているところもおしゃれですね。

「以心伝心」はもともとは仏教用語で、日本国語大辞典 では、「ことばでは表わせない悟りや真理を心から心へと伝えること」とされています。転じて「無言のうちに心が互いに通じ合う」意味で用いられるようになりました。大城さんはさらに「ことばだけでは伝えられない気持ち」、Lovin you(I'm loving you=あなたを愛しています!)をつたえる不思議なテレポートを「以心伝心」と表現されているのですね。

 ♪ 同じ時間に別々の場所 違うことをしてても
 ♪ 私の笑顔思い出せれば それだけでいい

ここの部分が大城流以心伝心の極意でしょう。お互いの笑顔を思い浮かべるだけで、時間も空間も飛び越えて心がつながりあえる。古川さんも、この歌詞をいろんな形でアニメーションにされています。左右二枚の別々の紙に描かれたキャラクターが、でも一つの世界でつながっていますね。素朴な線画のスケッチも日常の何気ない一こまを切り取った表現にぴったりです。

左右でリモコンを操作しながら、右で蹴ったサッカーボールが左で野球のボールになってナイスバッティング!なんてシーンもあります。1993年はJリーグ発足の年で、「みんなのうた」でもサッカーを扱った曲が何曲か登場しますが、その先駆けと言えるかもしれません。パソコンの絵もあって、30年前にパソコンがあったんだとか、妙な感慨もありますね。

携帯電話は絵の中には登場しませんが、『以心伝心しよう』は携帯電話のCMソングとしても使われています。Wikipediaには「1994年に、この楽曲は関西/中国/九州セルラーのテレビCMソングにも起用」とありますし、YouTubeには「北陸セルラー電話株式会社(1993) 福井放送」とキャプションのついた動画があがっています。〇〇セルラーは今のauの前身となる会社たちですが、93年はまだ端末がレンタルだった時代で、携帯電話の世帯普及率も3.2%(https://honkawa2.sakura.ne.jp/6350.html)。94年からは端末を買うことができるようになりましたが、新しく登場した見えない不思議なテレポートを実現するテクノロジーのCMにまさにぴったりの楽曲でした。

とはいえ、「みんなのうた」の作品がほぼリアルタイムで民放のCMに使用されるのはやはり異例です。これはもともとこの作品がFM宮崎のセイフティドライバー・キャンペーンのために製作された楽曲(Wikipediaより)で、NHKが企画したものではなかったためでしょう。もともとは愛する人の「無事を祈る」気持ちを伝える作品だったようですね。それがFM宮崎でリクエスト1位の人気となり、「みんなのうた」でも採用されることになったそうです。

「みんなのうた」バージョンはショートバージョンで、本来の楽曲の1番とコーダに当たる部分が省略されてます。フルバージョンも今はいくつか動画がアップされていて聞くことができます。1番は妻が晩ごはんの支度をしながら夫の帰りを待つシーンで「無事を祈る」気持ちがより伝わってくる内容ですね。

 ♪ 夕焼けの空 今日もいい日だったねと
 ♪ 風と雲がささやいてる

放送では省略されているコーダの部分です。それまでのハ長調がハ短調に転調して、しみじみと今日を振り返っています。この部分もいいですね。綺麗な夕焼けを見ると、つい口ずさんでしまいます。

 ♪ 以心伝心しよう! 心を静めて
 ♪ わたしは心のダイアルあわせて伝えよう Lovin you

再びハ長調に戻って大城さんのメッセージが繰り返されます。作詞・作曲・うたを担当された大城光恵さんは、2023年2月にご病気で他界されました。この作品をつくられてちょうど30年、まだ57歳というお若さで、ニュースを見てショックだったのを覚えています。今回の再放送は追悼の意味もあるのでしょう。心のアンテナをしっかりたてて、メッセージを受け取りたいと思います。素敵な楽曲をありがとうございました!

『以心伝心しよう』
作詞:大城光恵
作曲:大城光恵
うた:大城光恵
編曲:磯谷健
映像アニメ:古川タク
初回放送:1993年06月〜07月

| | コメント (12)

2024年1月26日 (金)

Python動く

このところ、ずっとPythonというプログラム言語を動かそうと格闘してました。ChatGPT4がPythonのプログラムを書いてくれるので、これが使えるといいなと思って試していたのですが、インターフェイスがわからない、わからない。Rと同じですぐ動くだろうと思って同じようにインストールしれ「Python」というファイルをクリックしたのが間違いのもとなのですね。「IDLE Shell」という得体の知れないファイルの方を開かないといけないのでした。これが分かるまでPythonの入門書を3冊ぐらい買ってしまいました。

まあ、一つ動けば二つ、三つと動かせるようになると思うのでボチボチ進めていきましょう。「みんなのうた」の歌詞の分析などもそのうちできるようになるかもしれません。

| | コメント (0)

2024年1月 8日 (月)

白富士

Debbe1a3d4b341ca8b705c0fbddc1ed2

今日は久しぶりに富士山が見えました。このところ青空はあっても、西之保に雲があって見えなかったのですが、今日は白い富士山がくっきり見えました。今年は多難な出だしになっていますけども、何かしら良いこともあるといいですね。皆様今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »