2024年1月29日 (月)

【再放送曲】『以心伝心しよう』(1993年)

『以心伝心しよう』が再放送されてますね。Wikipediaによると8回目の再放送になるようで、人気曲の一つと言えるでしょう。初回放送が1993年6~7月なので30年と半年が経ったことになりますね。早いものです。

 ♪ 以心伝心しよう! 心を開いて
 ♪ あなたは心のアンテナを立てて受け止めて Lovin you

ミファソドシラソーレファミーという、伸びやかなメロディーラインが印象的です。ファラドミのメジャーセブンスコードに乗っているところもおしゃれですね。

「以心伝心」はもともとは仏教用語で、日本国語大辞典 では、「ことばでは表わせない悟りや真理を心から心へと伝えること」とされています。転じて「無言のうちに心が互いに通じ合う」意味で用いられるようになりました。大城さんはさらに「ことばだけでは伝えられない気持ち」、Lovin you(I'm loving you=あなたを愛しています!)をつたえる不思議なテレポートを「以心伝心」と表現されているのですね。

 ♪ 同じ時間に別々の場所 違うことをしてても
 ♪ 私の笑顔思い出せれば それだけでいい

ここの部分が大城流以心伝心の極意でしょう。お互いの笑顔を思い浮かべるだけで、時間も空間も飛び越えて心がつながりあえる。古川さんも、この歌詞をいろんな形でアニメーションにされています。左右二枚の別々の紙に描かれたキャラクターが、でも一つの世界でつながっていますね。素朴な線画のスケッチも日常の何気ない一こまを切り取った表現にぴったりです。

左右でリモコンを操作しながら、右で蹴ったサッカーボールが左で野球のボールになってナイスバッティング!なんてシーンもあります。1993年はJリーグ発足の年で、「みんなのうた」でもサッカーを扱った曲が何曲か登場しますが、その先駆けと言えるかもしれません。パソコンの絵もあって、30年前にパソコンがあったんだとか、妙な感慨もありますね。

携帯電話は絵の中には登場しませんが、『以心伝心しよう』は携帯電話のCMソングとしても使われています。Wikipediaには「1994年に、この楽曲は関西/中国/九州セルラーのテレビCMソングにも起用」とありますし、YouTubeには「北陸セルラー電話株式会社(1993) 福井放送」とキャプションのついた動画があがっています。〇〇セルラーは今のauの前身となる会社たちですが、93年はまだ端末がレンタルだった時代で、携帯電話の世帯普及率も3.2%(https://honkawa2.sakura.ne.jp/6350.html)。94年からは端末を買うことができるようになりましたが、新しく登場した見えない不思議なテレポートを実現するテクノロジーのCMにまさにぴったりの楽曲でした。

とはいえ、「みんなのうた」の作品がほぼリアルタイムで民放のCMに使用されるのはやはり異例です。これはもともとこの作品がFM宮崎のセイフティドライバー・キャンペーンのために製作された楽曲(Wikipediaより)で、NHKが企画したものではなかったためでしょう。もともとは愛する人の「無事を祈る」気持ちを伝える作品だったようですね。それがFM宮崎でリクエスト1位の人気となり、「みんなのうた」でも採用されることになったそうです。

「みんなのうた」バージョンはショートバージョンで、本来の楽曲の1番とコーダに当たる部分が省略されてます。フルバージョンも今はいくつか動画がアップされていて聞くことができます。1番は妻が晩ごはんの支度をしながら夫の帰りを待つシーンで「無事を祈る」気持ちがより伝わってくる内容ですね。

 ♪ 夕焼けの空 今日もいい日だったねと
 ♪ 風と雲がささやいてる

放送では省略されているコーダの部分です。それまでのハ長調がハ短調に転調して、しみじみと今日を振り返っています。この部分もいいですね。綺麗な夕焼けを見ると、つい口ずさんでしまいます。

 ♪ 以心伝心しよう! 心を静めて
 ♪ わたしは心のダイアルあわせて伝えよう Lovin you

再びハ長調に戻って大城さんのメッセージが繰り返されます。作詞・作曲・うたを担当された大城光恵さんは、2023年2月にご病気で他界されました。この作品をつくられてちょうど30年、まだ57歳というお若さで、ニュースを見てショックだったのを覚えています。今回の再放送は追悼の意味もあるのでしょう。心のアンテナをしっかりたてて、メッセージを受け取りたいと思います。素敵な楽曲をありがとうございました!

『以心伝心しよう』
作詞:大城光恵
作曲:大城光恵
うた:大城光恵
編曲:磯谷健
映像アニメ:古川タク
初回放送:1993年06月〜07月

| | コメント (12)

2023年9月30日 (土)

【今月のうた】『Chessboard』(2023年)

0a454e3f47bf4aa1a1249728526e4094
               (Wikipediaより)、

8、9月のうたも今日で終わりですね。とても暑い夏だったので終わってくれるのはありがたいですが、今月のうたが終わるのは毎度少し寂しい気がします。『Chessboard』、『からっぽカタツムリ』、『オレンジマーチ』の3曲のなかで特に『Chessboard』が印象に残っています。

♪ チェスボードみたいなこの世界へ 僕らはルールもないままに生まれてきた
♪ 幸せと悲しみの市松模様 そのどこかで息をする

第90回NHK全国音楽コンクール中学生の部の課題曲です。今の中学生にはこの世界はチェスボードのように見えているのでしょうか。ルールがあるのかないのか分からないゲームの中に放り込まれたような感じなのかもしれないですね。同じボードゲームでも将棋ではなくチェスなのは、白黒をはっきりさせることを求められる今の世の中を反映しているのかもしれません。

♪ 王様もいないこの盤上で僕らは どんな役を与えられたんだろうか?
♪ 行ける場所 行けない場所 目指すべき場所 知らないままで息をする

この2行は放送時間の関係で省略されている部分ですが、Nコンの課題曲バージョンでは採用されています。あとで、行ける場所や行けない場所を自分で決めて歩き始めるという歌詞が出てきますし、「知らないままで息をする」の部分も最後の歌詞に対応してますので対比としてあった方がよい気がしますが、尺には勝てないですね。

この茫漠たる世界で不意に訪れる出会いや別れ。振り返るとネコジャラシが優しく風に揺れています。白も黒も関係なく…

急になぜネコジャラシか分からなかったのですが、ChatGPTにきいてみるとネコジャラシは「子供時代の遊びの象徴」なのだそうです。そう言われればそんな気がしますね。私が子供のころにも「ネコジャラ市の11人」という人形劇をやってました。白も黒もなく無邪気に遊んだ幼年時代を振り返りつつ、人は行く場所行かない場所を自分で決めながら、次第に自分の道を歩み始めます。

♪ 綿毛みたいに風に任せ 飛べた頃を羨むけど
♪ 空中からじゃ見落とすような小さな1マス

アニメーションでは主人公があくせく働くサラリーマン風の人物として描かれますね。「綿毛みたいに風に任せ 飛べた頃を羨むけど」という歌詞は身につまされます。ただ、ふわふわ飛んでいたのでは見落としてしまう小さな1マス。それがどうしたのかというと…

♪ そこであなたに会えたんだ

初めて聴いたときはこの部分は結構衝撃的でした。なるほど、そうきましたか、と。人生における重要な出会いは確かにほんとに偶然のような小さな1マスでなされることが多かったりします。「あなた」は異性のパートナーを連想させる文言ですが、アニメーターの杉本さんは同性同士や高齢者と子供のように見えるペアも無数のマスの中に描かれています。人生における様々な重要な出会いが表現されていると言えるでしょう。楽曲もアニメーションもここからダイナミックに動き始めます。

♪ ゲームは続いてく
♪ このフィールドで今度はどんな事が待ち受けているのだろう?

アニメーションを子細に見ていくと、音楽家やパティシエ、文筆業や研究者、さらには探検家などを象徴する事物が描き込まれています。杉本さんは現在の「みんなのうた」のオープニングアニメーションを制作された方ですが、このオープニングさながら様々な人生が交錯していきます。ナイトやクイーンのような成功を夢見つつも前途には失敗や挫折も…。バイオリンを持ってうなだれる女性やサッカーボールを抱えて立ちつくす男性の姿が描き込まれていて、どこまでも手の込んだアニメーションですね。

この部分はメロディーラインもリズムも和音も難しく、こんなのが課題曲だと今の中学生は大変だと思って合唱バージョンをきいてみたところ、「ゲームは続いてく」以下の部分は省略されていて「美しい緑色」まで一気に飛んでいました。難易度という点ではだいぶ緩和されてその点はよいのですが、「そこであなたに会えたんだ」のすぐあとが「美しい緑色」では歌詞の意味が分かりにくくなってしまうのがやや残念です。

この部分の歌詞の意味はみんなのうたバージョンでも実はわかりにくいです。私の解釈としてはこの部分は

♪ 進めずに引き返したそんな日にも芽生えてる美しい緑色
♪ こちらには見えているよ

と続いていると考えると理解しやすいように思います。つまづき進めずに引き返したそんな日にも、迷いや後悔や旅立ちの中からあなたの足元に芽生えていた美しい緑色が、未来にいるこちらには見えているよ、という意味なのでしょう。ChatGPTによると「緑色は成長や希望を象徴」しているのだそうです。過去の苦い経験や辛い思い出も将来の自己の成長に寄与している…。そんなありさまがアニメーションでは天に伸びるガラクタのようにも見える様々な事物で表現されていますね。

♪ そしてチェスボードみたいなこの世界でいつか あなたの事を見失う日が来ても
♪ 果てないこの盤上でまた出会えるかな?
♪ その答えが待つ日まで 知らないままでただ息をする

この部分は最初に聴いたときは思わず涙が出そうになりました。大事な人との別れは人生にはつきものです。でも自分の心の中には生き続けるし、『らんまん』では図鑑の中に生き続けることになりました。何かに姿を変えてまた会えるかも。アニメーションの主人公も口元に笑みを浮かべながら、その日を楽しみにしているようですね。

今月の放送が終わり、『Chessboard』もみんなのうた1500マスの中の1マスとなりました。また、どこかで会えますように。

『Chessboard』
作詞:藤原聡
作曲:藤原聡
うた:Official髭男dism
映像:杉本晃佑
初回放送:2023年8月

| | コメント (19)

2023年5月 3日 (水)

西六郷少年少女合唱団定期演奏会

Dfb42692a38d4a1d8c9ed73055b98283

今年も西六郷少年少女合唱団の定期演奏会に行って来ました。まだ座席が一つおきだったりのコロナ対策が行われてましたが、かなり以前の雰囲気に戻ってきました。「みんなのうた」関連の皆さまとも3、4年ぶりに再会できたりして、とても良かったです。

第1部はたのしい歌・みんなの歌と世界の名曲です。「みどりいろの翼」と「私の回転木馬」がみんなのうたからの選曲でした。「みどりいろの翼」は初めて聴いた曲で、アルプスの少女ハイジの最終回でも使われていたそうですね。るんるんさんによるとほぼみんなのうたオリジナルの編曲だそうで、貴重な歌が聴けました。「青空に深呼吸」もいい曲で、今日の青空のように希望を感じさせる歌でした。世界の名曲は自然の美しさをアカペラで表現した曲が多くて聴きごたえがありましたね。綺麗な響きを堪能させていただきました。

第2部は日本の合唱曲。「城あと」では今年も居眠りしながら戦国時代にタイムスリップしてしまいました。日本の歌メドレーは「早春賦」「椰子の実」「我は海の子」とお馴染みの作品のメドレーです。「赤とんぼ」「砂山」では再びアカペラの美しい響きを楽しませていただきました。「村祭」ではピア伴の太鼓がドドドンと鳴り響くなか、にぎやかなお祭りが繰り広げられました。この辺は、今はあまりみられなくなった風景が蘇った思いがしましたね。世界の合唱で歌われたブルガリアの美しい自然の数々も今は貴重になっているのかもしれません。

アンコール曲では例年卒団生に花束が贈られるのですが、今年の曲目は「いい日旅立ち」でした。卒団生の晴れの舞台にぴったりの選曲ですね。♪いい日旅立ち 幸福をさがしに 子供の頃に歌った歌を道連れに…。 長い間お疲れ様でした!

今年も会食は見送って散会になりましたが、帰りの電車でいろいろお話できました。「地球を七回半まわれ」で首都高を走る車に乗ってらっしゃるのが後藤田さんではないかといった話題が出てました。それっぽい雰囲気はあるけどよく分からないという結論にはなりましたが、まだまだ隠れキャラが映像に残っているのかもしれないですね。

| | コメント (7)

2022年12月22日 (木)

『巣立つ日まで』カラオケ映像

『巣立つ日まで』のカラオケ映像というのを見つけました。

https://musicpost.joysound.com/music/musicId:150611

『巣立つ日まで』のカラオケ自体、かなり珍しいのですが、映像が輪をかけてサプライズです。コメント欄にはネタバレを書きましたが、サプライズを味わいたい方は、このまま映像をご覧頂ければと思います。私は何度も見てしまいました。

| | コメント (23)

2022年10月30日 (日)

【再放送曲】 『フルーツサラダの歌』 (1964年)

D96c1a7861574f748df0acdeb576cc2c

                (Wikipediaより)

『フルーツサラダの歌』の再放送をやっていますね。土曜日夜11時35分からの1回きりの放送なので、すぐに聞き忘れてしまいますが、昨日ようやく聞くことができました。

 ♪ わたしのうちじゃ だれも
 ♪ フルーツサラダ だいすきよ

ペギー葉山さんの軽快な歌声が聞こえてきます。さすがに声がお若いですね。フルーツサラダが美味しそうです。Wikipediaに載ってる写真を載せてみましたが、色鮮やかで食欲をそそります。入れ歯のおばあさんにも喜ばれそうですね。おまけに栄養満点! おとうさんも弟も、もちろん私も大好きです。

20bf0cf792944a89ba91f6ee909ccace

57ade769787441bbb69e7ec5879ca43b

           (水星社テキスト第4集より)

 ♪ フルーツサラダ ジョリジョリジョリ
 ♪ すてきなのよ おいしいのよ

ペギーさんが得意げに歌う様子が目に浮かぶようですね。「フルーツサラダ」がとても早口なのが難しそうですが、「ジョリジョリジョリ」も気になります。野菜サラダだとジョリジョリするのかもしれませんが、フルーツサラダがジョリジョリするのはちょっと不自然です。検索してみると芦野宏さんが歌うバージョンの動画が上がっていて、こちらはフルーツサラダ好きの彼女と結婚して子供も孫もフルーツサラダ好きというストーリーになっていました。でも、芦野さんのバージョンも「ジョリジョリジョリ」です。「フランス こどものうた」という石井好子さんが歌うバージョンでは冒頭から「ジョリジョリジョリジョリジョリージョリ」と繰り返されています。これは一体何なのでしょうか。

ゼッキーノ・ドーロの曲っぽい気がするので原曲と原詞を探してみました。Salade de fruitsで検索するとフルーツサラダのレシピばかりヒットして少し手間取りましたが、「朝倉ノニーの<歌物語>」というサイトに原詞と訳詞が載っていました(http://chantefable2.blog.fc2.com/blog-entry-671.html)。「Salade de fruits」はブールヴィルBourvilというフランスのコメディアン兼俳優さんが1959年に歌った作品ということです。ゼッキーノ・ドーロではないようですね。みんなのうたの初回放送が1964年なので5年ほどたって紹介されたことになります。

 Ta mère t'a donné comme prénom,
 Salade de fruits, oh quel joli nom,
  君の母さんは君に名前をつけた
  フルーツ・サラダって、おー、なんてかわいい名前だ

これが歌いだしです。「君の母さんは君に名前をつけた、フルーツ・サラダ」…ということは「フルーツ・サラダ」は君の名なのですね。君は歌い手の彼女で、要は「フルーツ・サラダ」という名前の女性に求婚をする歌だったのです。なんじゃそれは、と思わず声に出してしまいました。「joli nom」の部分が「かわいい名前」なので、ジョリ(jolie)はかわいいという意味だと分かります。『走れジョリィ』のジョリィも同じ意味かも知れません。というわけで

 ♪ フルーツサラダ ジョリジョリジョリ

は恋人に向けて可愛い、可愛い、可愛いを連呼していたのでした。このあとめでたく結婚して、最後のシーンでは赤ちゃんも生まれています。上記のサイトにはブールヴィルが登場する動画も掲載されていますが、フルーツサラダさんに色目を使いながら迫っていて、あんまり子供のうたという感じではありません。みんなのうたで放送するにあたって、食べ物のフルーツサラダのうたとして翻案されたのでしょう。フルーツサラダ好きの彼女と結婚する芦野さんのバージョンの方が、原曲により近いと言えるかもしれませんね。翻案されても「ジョリジョリ」は残ったのでした。

『フルーツサラダの歌』(1964年)
作詞・訳詞:薩摩忠
作曲:カンフォーラ&ルー
うた:ペギー葉山
編曲:小森昭宏
映像アニメ:横尾忠則、みわとしこ
初回放送:1964年10月

【追記】
横尾忠則さんの映像の一部が水星社テキスト第4集に載ってました。こちらもなかなかジョリジョリしています。とても豪華なフルーツサラダですね!

Cad0dabd5fab4be6a5c1b88cceedbc49

           (水星社テキスト第4集より)

| | コメント (12)

2022年8月 5日 (金)

Kindle版テキストのバックナンバー

Kindle版のみんなのうたテキストは電子版なのでいつでもバックナンバーを買えると思ってましたが、全然そんなことないのですね。在庫を抱える必要も配送の手間もないはずなので、主に権利の関係なのでしょうか。2022年8月現在で買えるのは以下の号のみのようです。

2022年8月・9月

2022年6月・7月

2022年4月・5月

2022年2月・3月

2021年12月・2022年1月

2021年10月・11月

これだけしかヒットしないということはないということなんでしょうね。後から買えるとか思わず、その都度買っておく必要があるようです。

 

 

 

| | コメント (0)

2022年3月28日 (月)

『今日の日はさようなら』 (1974年)

 ♪ いつまでも絶えることなく
 ♪ 友達でいよう

おなじみのメロディが再放送されています。映像つきでは1975年の再放送以来、47年ぶりになるようですね。駅のシーンは四谷駅みたいです。昔の中央線が懐かしいですね。公園のシーンは舞台や噴水が特徴的で、すぐにどこかわかりそうですが、存外分かりません。最後の電車が右に曲がっていくシーンも画面左上に「救世軍本営」、右上に「日刊工業新聞」の文字が見えて、すぐ場所が分かりそうですが、どちらも今は鉄道沿いにはなくて、やっぱりよく分かりません。50年近い時の流れを感じさせられます。

「みんなのうた」での初回放送は1974年で、私が小学校を卒業するときに流れていました。2,3月のうただったのも卒業シーズンを意識してのことかもしれないですね。当時のテキストには「学校で職場で愛唱されている歌です」とあります。森山良子さんの歌で知られるようになったのが1967年のことですから、すでに広く親しまれていたのでしょう。数年前まで私が参加していたうたの会のエンディングテーマもこの曲でした。最後に

 ♪ 今日の日はさようなら
 ♪ またあう日まで

とうたって解散する感じでした。そういう場面にピッタリの曲ですね。

作詞・作曲者の金子詔一さんがこの曲をつくられたのが1966年のことです。今回調べていて、曲が誕生した場所が調布市のつつじが丘であることをはじめて知りました。つつじが丘というと『おもいでのアルバム』がつくられたところで、京王線の駅の発車メロディーにも『おもいでのアルバム』が使われています。「みんなのうた」の楽曲が2曲もつくられた場所というのは、そうざらにはないのではないでしょうか。ちなみにつつじが丘駅の二つ新宿よりの千歳烏山駅は『それ行け3組』がつくられた烏山北小学校の最寄り駅ですから、3曲も近所でつくられている「みんなのうた」のホットスポットと言ってもいいかもしれません。

Wikipediaによると『今日の日はさようなら』がつくられたつつじが丘児童館に歌碑が建立されているということなので、見に行ってみました。つつじが丘駅から歩いて5分ほどでしょうか。確かに児童館の入り口の左わきに歌碑が建っていました。「今日の日はさようなら歌誕生ゆかりの地調布」という文字が刻まれています。

B9f98f0bae7b4b1f9bbc19f38c47a5c2

左側には楽譜と3番までの歌詞と、歌がうまれたいきさつを記した金属板が掲げられています。「調布で青少年活動をしていたボランティアグループの若者たちが、つどいの最後に「また会おう」の思いを込め、作詞作曲した金子詔一さんのギター伴奏で、声を合わせて歌った曲です」と刻まれています。当時の様子が、目に浮かびますね。

71de2a668e0b406080cc53fd928a47c9

左側には鉄琴が設置されていました。ドレミファソラシドなのかと思ったら、左からソミファソラララソファ♯ソファミと並んでいます。リズムを合わせて順に叩くと、いーつまでもーたえるーことなくーとなるのでした。粋な仕掛けですね。

信頼、友情、自由、希望。『今日の日はさようなら』では、これらの大切さが平易な歌詞で表現されています。とても分かりやすい表現の背後には、これらが失われてしまうような厳しい状況があったようです。こちらの記事によると、金子さんは1963年に西ドイツに行かれて「ベルリンの壁」を目にされたそうです。散弾の跡がいくつも残る壁。壁を越えようと試みて、毎日、何人もの人が殺されていた…。厳しい現実を目の前にしつつも、ふと空を見上げると翼を広げた鳩が自由に壁の上を飛んでいたのだそうです。

 ♪ 空を飛ぶ鳥のように
 ♪ 自由に生きる

この歌詞はこのような体験を元にして生まれたものだったのですね。

それから56年。この曲の再放送に合わせるかのように、多くの人が切実に自由や希望を求めなければいけないような状況が再び生じてしまいました。偶然と呼ぶにはあまりに悲しいことですが、永遠に立ちはだかると思われたベルリンの壁が消え去ったように、事態が好転することを祈りながら歌わずにはいられません。

 ♪ 明日の日を夢見て
 ♪ 希望の道を…

 

『今日の日はさようなら』
作詞:金子詔一
作曲:金子詔一
編曲:福田和禾子
うた:本田路津子、東京放送児童合唱団
映像:実写
初回放送:1974年2,3月

| | コメント (121)

2022年3月 6日 (日)

空夢風花 ~60フィナーレ~

それで帰ってから録画しておいた「みんなのうた60フィナーレ」を見ました。フィナーレと言うだけあって、たくさんの曲が次から次へと少しずつ流れて、最終回の回想シーンみたいでしたね。84曲ほどが登場したと思いますが、数え間違いがあるかもしれません。フルで流れたのは芹洋子さんが生で歌われた『おもいでのアルバム』だけで、ワンコーラスも流れていない曲が大半でした。

今回もテキストマイニングの分析が紹介されていましたが、歌詞の頻出語の分析が面白かったです。「ママ」「パパ」が多いのはそんな気がしますが「おかあさん」「おとうさん」は10位以内に入らないのですね。『ママごめんなさい』とか『ママの結婚』とか確かに60年代から「ママ」は続けて登場するけど、最近は「おかあさん」は登場しないと言う事かもしれません。

「バナナ」が多いのは言われてみるとそうですね。「パン」は『パンのマーチ』ぐらいしか浮かんでこないです。名詞部門で9位は意外でした。というか、グラフによると「パン」は70回ぐらいになってますが『パンのマーチ』1曲で70回ぐらいは出てきてそうですね。『ママのママのママ』なんかも「ママ」が増えてる一因なのでしょう。

漢字一文字部門では「空」「夢」「風」「花」の順に多いのですね。これは何かわかる気がします。「空」は万人に開かれていて「みんなのうた」のコンセプトにぴったりの言葉です。「風」は「空」と相性が良いですし、人生の転変を感じさせる言葉でもあります。その先に「花」咲く未来を「夢」見る。これもまた多くの人々の希望ではないでしょうか。「みんな」のうたを象徴する言葉が歌詞に選ばれやすいのかもしれませんね。

日本の歌謡曲全般で分析すると「愛」や「恋」、「女」や「男」が多そうで、それも多くの人にとって大事なモチーフですが、「みんなのうた」はまた別の側面から人生を捉えようとしているのかもしれません。「空」が多いというのは、何かしら嬉しいですね。

ただ、年代別に見ると「空」が上位に入るのは、1990年代までです。2000年代は「風」が首位となり、社会の転変を表しているようです。2010年代は「風」も姿を消して、「笑顔」「優しい」「心」が上位に入っています。笑顔や優しさをダイレクトに歌わなければならない世の中になってきているということかもしれません。「今」「今日」「涙」「明日」「花」「夢」「見る」というワードも、今の生きづらさを暗示しているようです。

2010年代に引き続き、2020年代も早速前途多難ですが、「みんなのうた」も還暦でもありますし、最初のワードに戻って小田さんがおっしゃるように「声」を合わせてあの「歌」をいつかみんなでまた「歌う」ことができるようになって欲しいものですね。どこまでも続く「青い」「空」を見上げながら…

 

83240115439c406e9c26856f7e331c61

| | コメント (17)

2022年2月23日 (水)

みんなのうた名曲100歌

4c05cec735d64ebdb6c9d70d4bc6412c

昨日Apple Musicでみんなのうたの新曲を検索していたら、こんなのが見つかりました。レコード版の復刻版のようで、レコード自体は家にあるのですが、スマホでシャッフル再生できるのはありがたいですね。去年の暮れに追加されたようです。

おおむね1960年代の曲が100曲並んでいます。カバー曲も多いのですが、オリジナルの歌手が歌っているものも存外たくさん入ってるのがいいですね。再生時間は4時間を超え、一人みんなのうた三昧が楽しめそうです。

| | コメント (36)

2022年1月30日 (日)

みんなのうた60 セレクション2

セレクション2は90年代、00年代の曲も放送されてましたね。80年代以前5曲、90、00年代4曲、10年代以降3曲とセレクション1より満遍ない選曲だったといえるでしょう。ただ12曲縛りはあったようでロングバージョンの放送はありませんでした。

90年代代表は『アフターマン』。ロケット、コンピュータがザクザクならまだかっこいいですが、実際はプラごみザクザクになりそうですね。「プラ島太郎」というACのポスターで、玉手箱がプラごみだらけというネタを昨日見かけました。アフターマンのみなさんにも申し訳ない玉手箱になりそうです。

00年代からは『ぼくはくま』と『名もない花のように』『あさなゆうな』がエントリーです。まくまくんは三昧でも流れてました。『あさなゆうな』はうちが地デジ化前でアナログで録画していた頃の作品です。今日は綺麗な画像で録画できて良かったです。穏やかな気持ちになれる曲ですね。『名もない花のように』は番組冒頭では2010年と紹介されてましたが、実際は2000年が初回放送でした。

最後は『小さきものたち』。少しずつでも前に進んでいこうという気分になります。セレクション1の最後はエレカシの『風と共に』で「行き先は自由!」という歌詞が印象的でした。どちらもこれからのみんなのうたの決意表明のような気がしますね。

【放送曲一覧】

『ぼくはくま』(2006)

『ビーフストロガノフ』(2014)

『星うらないキラキラ』(1983)

『ラジャ・マハラジャー』(1985)

『アスタ・ルエゴ 〜さよなら月の猫〜』(1977)

『北風小僧の寒太郎』(1974)

『アフターマン』(1994)

『おはようクレヨン』(1987)

『うんだらか うだすぽん』(2017)

『名もない花のように』(2000)

『あさなゆうな』(2009)

『小さきものたち』(2021)

 

| | コメント (5)

より以前の記事一覧